ホーム > プログラム > ニュース

企画展

「MATERIAL×ART―工芸×アート―」ボランティアスタッフ募集中!

石川県立伝統産業工芸館では、企画展「MATERIAL×ART―工芸×アート―」の会期中、来館者の方が展示をより深く理解し、鑑賞いただくためにお手伝いくださるボランティアスタッフを募集しています。

期間 企画展「MATERIAL×ART―工芸×アート―」(平成30年12月9日~2月4日)
会期中の金・土・日・祝日 10:00~17:00
※午前中のみや午後~なども可能です。
場所 石川県立伝統産業工芸館
内容 展示の監視や来館者への展示作品の解説等をしていただきます。
工芸やアートに関心のある方、国内外から訪れる来館者と触れ合いたい方のご応募をお待ちしています。
条件 ・電話またはEメールにて連絡が取り合える方
・18歳以上の方
・活動への参加は原則無償を了承できる方
(石川県立伝統産業工芸館の企画展ご招待券(3回分)を差し上げます。)
応募方法 応募用紙に記載の上、FAX(076-262-8690)、
メール(kikaku@ishikawa-densankan.jp)で送付をお願いいたします。

>「応募用紙(excel)」のダウンロードはこちらから

2018.11.28 Traditional Art & Craft of Ishikawa

「北欧と北陸と工芸と」

北欧と北陸という2つの地域には曇りや雨の多い気候、工芸が盛んであること等、共通点が多く見受けられます。この展示では北欧の生活文化という視点から選んだ両地域の暮らしに寄り添う生活工芸品をご紹介いたします。シンプルでモダン・ずっと愛着を持って使える北欧の工芸品と北欧文化に親和性の高い石川県内の工芸品を通じて、工芸品とより良く付き合い、長く愛する心が芽生えていただけましたら幸いです。

会期 平成30年12月14日(金)~2月4日(月)【1Fギャラリー】
9:00~17:00(但し最終日は何れも15:00終了)
※毎週木曜、年末年始(12/31~1/3)は休館
会場 石川伝統産業工芸館1Fギャラリー
出展者 加藤修央(漆)、Kirsikka(北欧デザイン雑貨・白樺細工)、島塚絵里(テキスタイル)、高澤ろうそく(七尾和ろうそく)、black coffee(ガラスアクセサリー)、PIPPURIKERA(ヴィンテージ北欧雑貨)、三輪周太郎(金工)、森岡希世子(陶)、輪島キリモト(漆)
入場 1Fギャラリー 無料

>チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから

2018.12.03 Traditional Art & Craft of Ishikawa

「MATERIAL×ART~工芸×アート」

「漆」「陶」「繊維」の素材でつくられた、コンセプチュアルなアート作品の展示。慣習に捉われない表現で制作する作家の作品を展示することにより、アートとは何か、何のためにつくるのか。モノづくりの根本に迫る企画展です。

会期 平成30年12月9日(日)~2月4日(月)
9:00~17:00(但し最終日は何れも15:00終了)
※毎週木曜、年末年始(12/31~1/3)は休館
会場 石川伝統産業工芸館 2階第4展示室
出展者 青木千絵(漆)、山本優美(陶)、麻生祥子(繊維)
入場 大人(18才以上260円・65才以上200円)小人(17才以下100円)

>チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから

2018.12.03 Traditional Art & Craft of Ishikawa