ホーム > プログラム > ニュース

これまでのイベント

酒×ひと×食×まち 展

古今東西、酒のある処にひとが集まり、旬の食を味わい、まちのにぎわいをつくる。
「酒は文化」と言われる所以です。
この度の企画展「酒×ひと×食×まち 展」では、石川県酒造組合連合会に加盟する35蔵のご協力を得て各蔵の銘酒はもちろんの事、各蔵が所有する伝統工芸の逸品や酒に関した道具や酒器などから金沢・加賀・能登の歴史と文化を垣間見ていただこうというものです。
また石川県内の九谷焼、輪島塗、山中漆器、珠洲焼等の産地を始めとして、人間国宝の方から若手まで多くの伝統工芸作家が制作した酒器を集めて展示・販売致します。伝統工芸と酒のコラボレーションをぜひお楽しみ下さい。

主催 石川県立伝統産業工芸館・石川県酒造組合連合会
会場 石川県立伝統産業工芸館1Fギャラリー
会期 平成28年10月14日(金)~11月13日(日)
9:00~17:00(但し最終日のみ16:00終了)
展示内容 石川県内35蔵の代表銘酒、各蔵所有の伝統工芸品、酒に関係した古い道具や酒器の展示。また九谷焼、輪島塗、山中漆器、珠洲焼のほか能登島ガラス工房や金沢卯辰山工芸工房などからの出展を含めて人間国宝から若手まで伝統工芸作家制作の酒器およそ500点を展示・販売致します。
※お酒の販売はありません。
入場 無料

2016.10.14 Traditional Art & Craft of Ishikawa

国際ガラス展・金沢 コレクション作品展

石川県立伝統産業工芸館では、国際ガラス展の過去の出品作品18点を紹介する「国際ガラス展・金沢」コレクション作品展を開催致します。
10月19日(水)~10月31日(月)までしいのき迎賓館で開催される「国際ガラス展・金沢2016」に呼応して、これまで石川県デザインセンターがコレクションしてきた「国際ガラス展・金沢」の国内外の作家の秀でた作品をご覧頂こうというものです。
「国際ガラス展・金沢」は石川県、金沢市、金沢商工会議所、(公財)石川県デザインセンターで構成された、国際ガラス展・金沢実行委員会が主催する世界で唯一のガラスの国際公募展です。伝統が根付く金沢に、ガラスという新しい芸術文化を育てるとともに、他の工芸や産業分野に対して創造性を触発させようと1984年(昭和59年)にはじまり今年は13回目を迎えています。これまで毎回世界約40の国と地域から素晴らしい作品が寄せられ「世界のガラスシーンの今を展望する」展示会として国内外で高い評価を得ています。
暮らしの中のガラスから、新しい芸術表現としてのガラスまで、ガラス工芸の持つ魅力は様々です。ガラスの可能性を楽しみながらご覧いただければと思います。

会期 平成28年10月5日(水)~10月31日(月) ※10月20日(木)は休館
9:00~17:00(但し最終日のみ16:00終了)
会場 石川県立伝統産業工芸館 2F第4企画展示室
会場 石川県立伝統産業工芸館(1F展示ギャラリー、東口及び西口エントランスホール)
展示内容 「国際ガラス展・金沢」過去の出品作品18点
入場 大人(18歳以上260円) 大人(65歳以上200円) 小人(17歳以下100円)

2016.09.30 Traditional Art & Craft of Ishikawa

KAGA mizuhiki 加賀水引展 ーこころの伝えかたー

石川県立伝統産業工芸館では、立体的な水引の発祥とされる「加賀水引」の伝統と現代を華やかに演出する企画展「KAGA mizuhiki」を開催致します。
約100年の伝統を守りながら、現代生活にマッチしたアートな作品が次々と紹介されている「加賀水引」。縁起物として寿ぎを彩る華やかなかたちの「加賀水引」は芸術品とも言えるものです。「相手との絆を結ぶ」という思いを大切にしている作品の数々は、今も昔も変わりません。企画展では、大正初期から連綿と伝統を受け継ぐ「加賀水引」の全貌をご紹介致します。いしかわの伝統工芸の一番身近で華やかな作品の数々を是非ご覧ください。

会期 A:平成28年9月30日(金)~11月30日(水)
B:平成28年11月3日(木・祝)~11月30日(水)
A・Bともに9:00~17:00(但し最終日のみ16:00終了)
会場 A:石川県立伝統産業工芸館 1Fロビー、2F第3企画展示室、ワークショップルーム
B:石川県立伝統産業工芸館 2F第4企画展示室
会場 石川県立伝統産業工芸館(1F展示ギャラリー、東口及び西口エントランスホール)
展示内容 A:現代の四季作品、寿ぎの作品、アートな作品他 B:加賀水引の資料、伝統的な作品
約80点(販売可のものもあります。)
入場 大人(18歳以上260円) 大人(65歳以上200円) 小人(17歳以下100円)

>チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから

2016.09.30 Traditional Art & Craft of Ishikawa