ホーム > プログラム > ニュース

これまでのイベント

「鳥も花も虫も-春を待っていた-」「産業技術×伝統工芸-アイデアをつないで未来へ-」

「鳥も花も虫も-春を待っていた-」

春の訪れを待っていた自然界の生きとし生ける生物や植物が、伝統工芸の力をはみ出して会場を彩ります。春の巡りは、何時だって、何処にいても人間をワクワクさせるものです。それは自然界の鳥や花や虫が一斉に動き出し、開花して私たち人間の目にも心にも鮮やかな感動を与えてくれるからでしょう。
当館は「いしかわ生活工芸ミュージアム」という通称のもと、一年が経過致しました。
来館者の皆様には、より生活に根付いた伝統的工芸品の数々と、工芸の新しい一面を観ていただけるアートな作品も含めて若い作家たちのエネルギーを感じていただけたら幸いです。

会期 2021年3月26日(金)〜2021年5月17日(月)
4月15日は休館日
会場 いしかわ生活工芸ミュージアム(石川県伝統産業工芸館) 1Fギャラリー
入場 無料

「産業技術×伝統工芸-アイデアをつないで未来へ-」

産業技術と伝統工芸の融合で生まれたアイデアいっぱいの工芸品たちが集まりました。AIやデジタルなど社会の変化で多様化されつつあるものが、人の手を通り越して伝統工芸とマッチング。産業技術の力と伝統工芸の多様性がアイデアを生み出し、次々と新しい商品が開発されています。この度の企画展では、環境問題と直結したSDGsの考え方から生まれた商品など、社会と生活に寄り添った伝統工芸新しいカタチを提案しています。
何百年も受け継がれ、職人や作家が日々鍛錬してきた伝統技術もまた、改良や創造を繰り返しての毎日であり、共にその先を見つめる思いが伝統工芸の未来を明るくしてくれるはずです。伝統工芸の魅力の幅を大きく広げる作品の数々をどうぞお楽しみください。

会期 2021年3月26日(金)〜2021年5月17日(月)
4月15日は休館日
会場 いしかわ生活工芸ミュージアム(石川県伝統産業工芸館) 2F第4展示室
入場 大人(18才以上260円・65才以上210円)小人(17才以下100円)

>チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから

2021.03.26 Traditional Art & Craft of Ishikawa

アナログとデジタルの往来から生まれるテキスタイルアート-金沢表具で仕立てた屏風と掛軸を中心として-

テキスタイルの先端技法で新しいアート表現を追求し続ける大高亨氏。金沢美術工芸大学で工芸科の教授として教鞭をとりながら、デジタルジャガード織物の絵画的表現からインスタレーション、近年はデジタルインクジェットプリントやデジタルミシン刺繍まで、テキスタイルデジタル機器の研究を重ねており、アナログなプロセスや技法をデジタル技術と合わせた作品を発表しています。

この度の企画展ではデジタル技術のテキスタイルアートと石川県の伝統的工芸品金沢表具が融合して唯一無二のカタチを生み出しました。厚みや凹凸の変化のある織物を表装出来たのは、歴史が培った経験と知識、さらに豊富な技術を持ち合わせた金沢表具の職人ならではです。こうした現代の技術と伝統工芸が手を携えて今後の新しい工芸分野も切り開かれていくものと思います。
テキスタイルの細かなディテールや繊細な表現に着目し、テキスタイルアートを身近な生活空間の中に生かして楽しんでもらえるきっかけになれば幸いです。

会期 2021年1月29日 (金) 〜 2021年3月22日 (月)
毎週木曜日は休館日
会場 いしかわ生活工芸ミュージアム(石川県伝統産業工芸館) 1Fギャラリー
入場 大人(18才以上260円・65才以上210円)小人(17才以下100円)

>チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから

2021.01.26 Traditional Art & Craft of Ishikawa

「描いたイラストでオリジナル刺繍ハンカチを作ろう」

内容 その場で描いたイラストをデータ化して刺繍機で刺繍します。
任意でイニシャルを入れることもできます。サイズは20cm四方のハンドタオルに5cm四方内のイラストを刺繍。
会期 2021年3月7日 (日)
①10:00〜12:00、②13:00〜16:00
会場 いしかわ生活工芸ミュージアム (石川伝統産業工芸館)
料金 2,500円
予約 お電話で予約を受付ています (076-262-2020)
当日も空きがあれば飛び入り参加大歓迎!

2021.01.26 Traditional Art & Craft of Ishikawa