ホーム > プログラム > ニュース

ニュース

「夏のかほり展」「GOLD」

「夏のかほり展」

日本の夏は蒸し暑く、過ごしづらい季節ですが、石川県の伝統的工芸品36業種の中には檜細工や能登上布など、夏を少しでも快適に過ごそうという先人の知恵と技術が詰まった工芸品があります。
この企画展では暑さをしのぐことに特化した伝統的な工芸品と、石川の豊かな工芸文化の中で、作り手独自のアイディアで生み出された夏を涼しく爽やかに感じさせてくれる工芸品をご紹介します。憂鬱な暑さを和らげ、使う楽しみを与えてくれる工芸品をぜひご覧ください。

会期 令和元年5月24日(金)~7月16日(火)
9:00~17:00(但し最終日は何れも15:00終了)
※6月20日(木)休館
会場 石川伝統産業工芸館 1Fギャラリー
出展者 (株)山崎麻織物工房(能登上布)、木和田里美・(株)エイチツーオー(金箔×ジュエリー)、SHIORI room(西陣金糸×ジュエリー)、津田水引折型(加賀水引)、檜笠生産グループ(檜細工)
入場 1F 無料

○7月13日(土)開催! 「金箔レースと真珠のアクセサリーづくり」

詳細はこちら

>チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから

「GOLD」

金沢の代表的な工芸品である金沢箔。特に金を使った"金箔"はそれ自体が職人技を駆使した工芸品である一方、漆器や仏壇を豪華絢爛に彩る工芸素材として、いしかわの工芸文化には欠かせないものです。また、手軽な価格で金の輝きを楽しめる金箔製品はお土産物や日用品としても、近年大変人気があり、意欲的な新製品が日々開発されています。
この展示では、豊富な金箔製品から金箔の可能性、奥深さを鑑賞していただくとともに、まばゆいばかりに輝く金や柔らかくしっとりと光る金、用途や流行によって使い分けられる金箔の色や風合いを楽しんでいただきたいと考えます。
国を問わず、いつの時代も人々を惹きつけてやまない金の魅力を"金箔"という工芸品から堪能いただく企画展です。

会期 令和元年5月24日(金)~7月16日(火)
9:00~17:00(但し最終日は何れも15:00終了)
※6月20日(木)休館
会場 石川伝統産業工芸館 2F第4展示室
出展者 (株)今井金箔、カタニ産業(株)、(株)金銀箔工芸さくだ、(株)タジマ、
(株)箔一、箔座(株)
入場 有料:大人(18才以上260円・65才以上200円)小人(17才以下100円)

>チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから

2019.05.14 Traditional Art & Craft of Ishikawa