ホーム > プログラム > ニュース

ニュース

企画展「石川と熊本の工芸の絆展」

熊本地震の後、熊本県を支援してきた石川県在住作家と、被災を乗り越えて制作に励む熊本県の陶芸作家たちの交流展です。〝工芸″で繋がり、地震をきっかけに絆が深まった作家たちの作品をご紹介します。

会期 平成30年8月30日(木)~10月15日(月)
9:00~17:00(但し最終日は15:00終了)※9月20日(木)は休館
会場 1Fギャラリー
展示内容 チャリティー販売会など、独自に熊本復興支援を行ってきた石川県在住の作家10名と熊本地震で被災した窯元9名の作品を展示・販売。
出展者 石川県:青木小波(加賀指物(木工))、池田拓朗(金沢仏壇)、北永佳奈(布)、木和田里美(タティングレース)、慶塚英信(輪島塗蒔絵)、齊藤美知代(彫刻)、坂井天心(加賀象篏)、芝山佳範(沈金)、西村松逸(加賀蒔絵)、松本由衣(漆)
熊本県:有紗窯、円満寺窯、窯元天、如月窯、高遊窯、陶房恵泉、日暮窯、南阿蘇焼、桃崎陶房
入場 1Fギャラリー・企画販売スペース:無料

>チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから

2018.08.21 Traditional Art & Craft of Ishikawa