ホーム > プログラム > ニュース

2015年

工芸館クラフトスクール2015 A. 加賀繍

講師: 長原久美子さん、米山洋子さん

加賀繍を布を張り、糸を撚るところから始めて、「想いの小箱」を作ります。大切な品物を入れる桐の小箱を、一針一針に心を込めて作ってみませんか。(2回で完成)

講師プロフィール (アイウエオ順)

●長原久美子さん
2000 伝統工芸士に認定される。
2001 加賀藩藩主三代目利常の奥方、珠姫の婚礼に着用した内掛「水仙唐花模様繍小袖(国重要文化財)」の復元スタッフを務める
2006 ニューヨーク国連本部大西ギャラリーでの「加賀繍」展に参加
2007・2008 全国伝統的工芸品公募展入選
●米山洋子さん
2000 伝統工芸士に認定される。
2001 前田利家公着用の「鍾馗陣羽織」復元スタッフに参加
2003 伝統工芸欧州派遣で実演
2007・2008 全国伝統的工芸品公募展入選

2015.02.24 Traditional Art & Craft of Ishikawa

2015工芸館クラフトスクール・開講! 受講者募集中

北陸の冬にもようやく出口が見え、梅の花も咲き始め、頭や手を動かすには最適な季節到来です。今年も工芸館でじっくりと「ものづくり」に取り組んでみませんか。

石川県立伝統産業工芸館では、『もっと本格的に伝統工芸の技に触れたい』、『伝統工芸の技に挑戦してみたい』という声にお応えすべく、2015年3月・4月、高い技術を持つ伝統工芸士や職人の方々に協力していただき、「工芸館クラフトスクール」を開校します。第4回目となる今回は、昨年よりスケールアップしたプログラムを提供いたします。

「工芸館クラフトスクール」は、簡単にできる体験ではなく、腰を据えて本格的に伝統の技に挑戦して頂くプログラムです。

  • ★ 伝統工芸の技を自分で体験できる絶好の機会です。
  • ★ ちょっぴり難しいかもしれません。
  • ★ いちからすべて自分でして頂きます。
  • ★ 定員があります。
  • ★ 高い技術を持つ職人さん・伝統工芸士さんが講師です。
  • ★ 少人数で徹底指導いたします。
  • ★ すべて事前予約が必要です。メールか電話でご予約下さい。
      メール: info@ishikawa-densankan.jp / TEL: 076-262-2020
2015・プログラム一覧表
  プログラム 時間 参加費 定員 講師 完成までの
回数
A 加賀繍・小箱作り 3月11日・18日 10:00-16:00 6,200円/2回 4 長原 久美子
米山 洋子
2
B 水引・兜作り 3月14日・28日
4月4日・18日
12:00-16:00 4,700円/4回 15 長田公美子 4
C 竹工芸・茶籠作り 3月29日・4月5日 10:00-15:00 10,200/2回 5 本江 和美 2
D 加賀象嵌の技法を学ぶ
-その2-
3月29日・4月5日
12日・19日
10:00-17:00 13,200/4回 8 坂井 貂聖
坂井 天心
4
E 金沢表具 4月11日・12日 10:00-16:00 5,200/2回 6 武部 正典
岡田 正
角 守
2

2015.02.24 Traditional Art & Craft of Ishikawa

2015年・工芸館英語クラス、始まります!

工芸館では伝統的工芸品の制作や販売に従事している方々を対象にした第2回英語の実践クラスを下記の通り行います。

◇ 趣旨

最近海外からのお客様や海外在住の日本人の方々が石川県でお買いになった品物を海外へ発送してほしいという要望をしばしば耳にします。今回の英語クラスでは、この問題に対処できるよう英語による以下の書類の作成方法について学びます。
1.通常の請求書の書き方
2.コマーシャルインボイスの書き方
3.商品リストの書き方
4.領収書の書き方
5.送り状の書き方
6.海外発送時の注意事項

◇ 概要

クラスは、制作者向けの「作り手クラス」と対面販売をする制作者や販売従事者向けの「販売者クラス」の2クラスあり、どちらも1回完結のプログラムです。中学1年程度から始める初級のクラスです。安心してご参加下さい。

◇ クラス詳細

◇ 問い合わせ

707@nkdinc.co.jp または090-3470-2469 柳井まで

◇ 申し込み用紙

申し込み用紙はこちらからダウンロードできます。

2015.02.24 Traditional Art & Craft of Ishikawa