ホーム > プログラム > ニュース

2015年

工芸館クラフトスクール2015 D. 加賀象嵌の技法を学ぶ -その2-

講師: 坂井貂聖さん、坂井天心さん

昨年の線象嵌に引き続き、今年は、加賀象嵌の技法の中から、面象嵌を取り上げ、それを実際にやってみることで象嵌とはどのようなことをするものなのかを体験していただきます。

●坂井貂聖さん
1960 東京都・飯森浩司氏より金工技術の修得
1980 高橋介州氏に師事
1997 公益社団法人日本工芸会正会員認定
2010 日本伝統工芸展 NHK会長賞
2011 Fatto A Mano For The Futureプロジェクトに参加
フェンディファウンデーションに大型の接合象嵌花器「聖地への道-La strada per la terra santa」を寄贈
2011 COMTEMPORARY METAL MASTER WORKS展 Onishi Gallery(ニューヨ-ク)
2012 工芸ルネッサンス・プロジェクト「Future Tradition WAO」(ニューヨーク・パリ)
2013 石川の伝統工芸展 鋳金象嵌水差「雪嶺」 NHK金沢放送局長賞

2015.02.24 Traditional Art & Craft of Ishikawa

工芸館クラフトスクール2015 C. 竹工芸

講師: 竹工芸作家・本江和美さん

茶籠を作る(2回で完成)
思い出の布や和紙を使って茶籠(茶箱)を作ります。竹を編むところから始めて下張・上張りと作業を進め、完成させます。

●本江和美さん
金沢大学教育学部卒業。竹工芸作家、橋本仙雪氏に師事。
1991 金沢市工芸展において「籠目二重編花籠」で金沢市工芸協会長奨励賞受賞
(以後同展入選17回)
2001 現代美術展初入選
2002 石川の伝統工芸展初入選 (以後入選9回)
2007 日本伝統工芸展入選 (以後入選3回)

2015.02.24 Traditional Art & Craft of Ishikawa

工芸館クラフトスクール2015 B. 水引

講師: 長田公美子さん

伝統的な結び方やそのバリエーションを使ってこの季節にピッタリの兜を作ります。今回の講座では立体を作ることに挑戦していただきます。普通の水引は1本が90㎝の長さですが、それを用いて作れる一番大きなサイズの兜を結びます。(4回で完成)

●長田公美子さん
1991 結納・水引細工 文福 設立
(出品歴)  
2009 「謹賀新縁」伝統と今をみつめて (金沢ガーデンホテル)
2010-2012 「金沢からお正月」・「日本のかたち」(松屋銀座)
2012 東京インターナショナルギフトショー
IFFT/インテリア ライフスタイル リビング JAPAN STYLE
2013 「ゆたかな風土とゆたかな道具」(日本橋三越本店)

2015.02.24 Traditional Art & Craft of Ishikawa