ホーム > プログラム > ニュース

ニュース

企画展「縞(しま)って行こうぜ、牛首紬!」

一般的な牛首紬のイメージは「きもの」でしょうか。
本企画展はこの既成概念を覆し、牛首紬を着物の生地としてではなく、様々なものに利用できるテキスタイルとして認知してもらうことを目的としています。
牛首紬と手袋メーカーとのコラボレーションにより、革の手袋に牛首紬の布を組み合わせた商品を開発しました。
これを、同じく牛首紬を使った帽子やストールなどとコーディネートして、秋・冬の装いを提案しています。
皆様のファッションをワンランクアップさせるアイテムとしてぜひご活用ください!

<出展者からのメッセージ>

世の中の着物離れがすすみ、益々牛首紬との繋がりが希薄になることが危惧されますが、今後、牛首紬との出会い方(入口)は、決して着物からだけではないと考えます。
牛首紬の素材感やデザインイメージ等が伝わるのであれば、普段使いできるモノに形を変えることで、より多くの方々に知っていただく機会が増えるのではないかと。この企画展を通して、特にこれまで牛首紬と無縁であった若年層や諸外国の人達に対し、牛首紬らしさの一つ "縞柄"が身近な存在として日常生活に溶け込み、新たな接点が生まれることを願っております。
"縞っていこうぜGLOVE"は、手袋の一大産地香川県の株式会社オオジー様のご協力によって生まれた工芸館企画のコラボ製品です。
早速この冬からお試し下さい。(株式会社 西山産業・中村隆一)

◆ 併催プログラム
牛首紬ワークショップ「牛首紬で菓子切りケースを作ろう!」

持っている人の趣味の良さがアピールできる牛首紬の菓子切りケースを作ります。
企画展と連動したこのワークショップは、実際に牛首紬を織っている方から直接教えてもらいながら、この伝統的工芸品について学ぶ絶好の機会です。
ふるってご参加下さい!

2015.07.26 Traditional Art & Craft of Ishikawa