ホーム > プログラム > ニュース

2014年

竹、鉄と出会う

会 期:
 2014年9月6日(土) - 11月3日 (月) 
展示室:
 2F 第3展示室
作品数:
 21点


昔から生活の中で使われる様々な道具や日用品を作る材料として利用されてきた竹ですが、一方では竹工芸品として茶杓や花入れ等の茶道具も作られてきました。今回の企画展は、竹工芸品をインテリアという切り口で取り上げようという試みです。

本企画展では、竹の作品を新たな視点から見て頂けるよう、竹工芸家・榎本千冬さんの作品を、伝統編模様など日本的な形状や考え方を取り入れたアートディレクター/デザイナーの浅野真一郎さんの鉄の作品と合わせてご覧頂きます。竹と鉄の間にどのような化学変化が引き起こされるのか、また、鉄との組み合わせにより竹の新たな魅力がどのように引き出されるのか、ぜひ体感して頂きたいと思います。

4kago.jpg

尚、本企画展では、実用的なインテリアとして使って頂ける <榎本さんx 浅野さん> のコラボ作品2点も紹介します。こんな使い方もあったのかときっと思って頂けれることでしょう。

<出展者・榎本千冬さん コメント>
竹工芸の魅力ってなんだろう。
この頃よく竹工芸の魅力についてきかれます。しかし、自問してもなかなか答えが見つかりません。竹を始めて40年近くになります。これまで続けてこられたのは、取りも直さず竹工芸に魅力を感じていた事に他ならないはずなのですが。それなのに、此れぞといった答えを見いだせないのは何故でしょう?もともと有る日本人のDNAからくるものなのでしょうか、それとも魅力があまりにも多くて一言では言い表せないからでしょうか。今は一応、そういう事にしておきます。皆様はどう感じてくれるでしょう、感じたままを教えていただけると嬉しいのですが・・・。

<出展者・浅野真一郎さん コメント>
それぞれ伝統工芸や象形文字など日本的な形状や考え方をモチーフに、自身のバックグランドであるグラフィックデザインの要素を取り入れた家具シリーズ「sen」。

榎本千冬さんの竹工芸作品とは、素材や見た目はまったく違うように思えますが、それぞれ2次元の線を3次元のカタチにしていたり、籠目模様など日本をモチーフにした「sen」とは共通していることも多く、一緒に展示していただくことでどのような相乗効果を得られるのかとても楽しみにしています。

また、光栄にも榎本さんとコラボレーションさせていただいた作品も2種展示させていただきます。こちらは今回のテーマである「竹、鉄と出会う」に沿って、竹工芸によるお盆やザルに鉄によるミニマルな要素を加えることで、現代のライフスタイルに合わせた新たな機能と味付けを施した作品となります。

ぜひ、「竹」と「鉄」の組み合わせの妙をご体感いただくとともに、「sen」のグラフィカルな線による形状や意味、ネガティブスペースとポジティブスペースの導きだす間、光によって創られる影などにも注目していただけたら幸いです。

kagotetsu.jpg

<榎本千冬さんプロフィール>

1950
 神奈川県相模原市生まれ
1978
 大分県別府高等職業訓練校竹工芸科修了
1985
 石川県立輪島漆芸技術研修所卒業
1989
 輪島漆芸技術研修所にて竹工芸人間国宝飯塚小玕斎氏の助手を務める
1993
 輪島漆芸技術研修所の講師となる
2000
 文化庁在外研修員として、ドイツにて柳工芸研修
2001
 ニューヨーク・ジャパンソサエティにて竹工芸の講演を行う
現在、作品制作のかたわら、石川県立輪島漆芸技術研修所にて講師を務めている。
 
 
 
<受賞歴>
 
1981
 西部工芸展:大分県美術展入選
1985
 日本伝統工芸展・伝統工芸木竹展入選
1989
 '89年ジャパンコンペティション石川=新世への塗・漆展入賞
1990
 裏千家・淡交社主催 '90年明日への茶道美術公募展入賞
1993
 石川の伝統工芸展県知事賞受賞
1999
 ドイツ、バイエルン州政府金賞受賞
2013
 世界工芸コンペティション・金沢2013入賞
2014
 工芸都市高岡クラフトコンペテイション 優秀賞
※ ビナコテーク・デア・モデルネ、ノイエ・ザムルク、ミュンヘンに作品が収蔵。
 


<浅野真一郎さんプロフィール>
アートディレクター/デザイナー、日本グラフィックデザイナー協会 正会員、インターナショナルアソシエーションオブデザイナーズ(IAD) 会員
ソニーを始め大手メーカーのキービジュアルや広告・販促物の企画・制作に従事した後、
2012年Shinn Asano Design設立。同年、発表した日本の伝統工芸や象形文字などをモチーフに2次元の線を3次元のカタチにした家具シリーズ「sen」が海外でも注目を集める。グラフィックをベースに家具やプロダクトなど多岐に渡って活動している。
今春、イトーキ社の国産木材を活用する取り組み「Econifa」より新作を発表。

<受賞歴>
  
2013
 イタリアミラノ国際コンペティション A' Design Award 金賞受賞
 
 
<出 展>
 
2014
 イタリア ミラノフォーリサローネ
2014
 ドイツ アンビエンテ
2013
 デザイントーキョー プロトラボ
2013
 インテリアライフスタイル
2013
 イタリアミラノフォーリサローネ
2012
 トーキョーデザイナーズウィーク



◆ 併催プログラム

本企画展の出展作家、榎本千冬さんが教えてくれるワークショップが開催されます。
古来から様々な道具を作る素材として活用されてきた竹を使って、編に挑戦して頂きます。
ぜひ、竹と向き合う楽しさを体感して下さい。


「竹工芸・烏帽子花籠に挑戦!」ワークショップ

higege1.jpg
日 時:
 10月11日(土)・12日(日)13:30-16:30
場 所:
 工芸館1F
講 師:
 榎本千冬さん
制作物:
 ヒゲ篭(直径約14cm、高さ約18cm)
定 員:
 5名
料 金:
 ¥3,200
内 容:
 真竹を使って、六ツ目編みとそのバリエーションを用いて花籠を編みます。
参 加:
 12才以下の方は大人の方と一緒にご参加下さい。
予 約:
 電話かメールにて事前にお申込み下さい。
 TEL: 076-262-2020 / Eメール: info@ishikawa-densankan.jp

本企画展の出展作家、榎本千冬さんが教えてくれるワークショップが開催されます。 古来から様々な道具を作る素材として活用されてきた竹を使って、編に挑戦して頂きます。ぜひ、竹と向き合う楽しさを体感して下さい。


「竹工芸・烏帽子花籠に挑戦!」ワークショップ

1kago-ws.jpg
日 時:
 9月13日(土)・14日(日)13:00-16:30
場 所:
 工芸館1F
講 師:
 榎本千冬さん
制作物:
 烏帽子花籠(えぼしはなかご)
 直径約14cm、高さ約18cm
定 員:
 5名
料 金:
 ¥3,200
内 容:
 真竹を使って、四つ目編とそのバリエーションを用いて花籠を編みます。
参 加:
 12才以下の方は大人の方と一緒にご参加下さい。
予 約:
 電話かメールにて事前にお申込み下さい。
 TEL: 076-262-2020 / Eメール: info@ishikawa-densankan.jp
※ 10月にも榎本千冬さんによる竹工芸のワークショップが開催されます。日時等、 詳細については追って工芸館HPでお知らせ致します。
 

2014.08.26 Traditional Art & Craft of Ishikawa

国際漆展・石川2014 企画展「世界の漆」

会 期:
2014年10月1日(水)- 11月25日(火)最終日は15:00まで
展示室:
2F 第4展示室
作品数:
20点


この企画展は、石川県立伝統産業工芸館と公益財団法人石川県デザインセンターとの共催で行われるものです。1989年に始まった国際漆展も今年で10回目を数え、その間に、石川県デザインセンターではすぐれた作品を収集してきました。今回の企画展では、そのコレクションの中から20点をご覧いただきます。

アジアでも古くから広く用いられてきた漆は、ヨーロッパでもフランスやスペインなどでは漆を使った作品が作られています。この企画展では、「漆」を世界という視点から紹介し、世界各国の漆による表現をお楽しみいただきます。



<出展者>(アルファベット順)
Olga ALOY (フランス)、Margarida AMARAL (フランス)、Peter CHATWIN & Pamera MARTIN (UK)、Isabelle EMMERIQUE (フランス)、井川 健 (日本)、井村あづみ (日本)、井波 純 (日本)、鄭 惠淑 (日本)、金 延穆 (韓国)、木村浩一郎 (日本)、権 相五 (韓国)、Luisa LARENA (スペイン)、李 炫承(韓国)、松本由衣 (日本)、Diana OSTAFICIUC (ルーマニア)、史 嘉祥 (台湾)、Montserrat SORA QUINTANA (スペイン)、Else-Marie STORGAARD FOG (デンマーク)、株式会社ユニオン (日本) 


urushi-w2.jpg

2014.09.29 Traditional Art & Craft of Ishikawa

「うるしが語る、うるしを語る」

会 期:
 2014年10月2日(木) - 11月26日 (水) 最終日は15:00まで 
展示室:
 1F エントランスホール展示スペース
作品数:
 約140点


近年「うるし」がどのようなものかを知らない若い世代が増えています。同時に、うるしに親しんできたはずの世代からも、「うるしは扱いにくい」「どのように使えばよいかわからない」という声をたびたび耳にします。そこで、本企画では、うるしの新たな展開や可能性を、商品としての「うるし」を紹介しながらご覧いただきます。

会場は次の2つのゾーンに分れています。

1.「うるしが語る」ゾーン:
 作り手サイドからのアピール空間で、国内の漆器産地で開発されたうるしの新分野への活用商品を紹介しています。
2.「うるしを語る」ゾーン:
 使い手サイドからのアピール空間で、使い手が今だからこそ伝えたい生活の中で輝くうるしアイテムを紹介しています。

両ゾーン共にうるしの可能性とその魅力をアピールしています。「え、うるし?」などと言わずに、ぜひ一度お越し下さい。



<出展者>(順不同)
1.「うるしが語る」
天野漆器(株)(富山県)、うるしアートはりや/針谷崇之(石川県)、(株)山梨文 化会館(カガヤカ)(山梨県)、(株)小鳥来・たにてる工芸(東京都・石川県)、(株)佐藤喜代松商店(京都)、(株)浄法寺漆産業(岩手県)、(株)能作(石川県)、彦十蒔絵/若宮隆志(石川県)、(株)アルテマイスター(福島県)、(株)森繁(香川県)、(有)四津川製作所(富山県)、WWW (WorldWide Wajima) プロジェクト (石川県)

2.「うるしを語る」
石黒太朗((株)石黒商店 代表取締役)、沖 恵美子(フリーランス・デザイナー)、志甫雅人(公益財団法人石川県デザインセンター 事務局長・チーフディレクター)、富山三恵子(ギャラリーNOW取締役)、永田宇郷(EXS Inc. プランニングディレクター)、中西研大郎((株)四緑園 代表取締役社長)、林 悠介(林ショップ 代表)、古庄良匡((株)小鳥来 代表取締役)、御手洗照子((有)T-POT代表取締役)、山村真一((株)コボ 代表取締役社長)



◆ 併催プログラム

本企画展の出展作家や専門家による「うるし」をテーマにしたワークショップ、ギャラリートーク、技術セミナーを以下の通り実施します。うるしについて知る機会がなくなりつつ今、ぜひご参加いただき、うるしを再発見して頂ければと思います。


1.「うるしが語る、うるしを語る」ギャラリートーク

「うるしが語る」の出展者の中から、山中漆器、金沢漆器、輪島塗の若手作り手による展示品の開発意図や今後目指す漆づくりについての話しやQ & Aも交えたギャラリー・トークです。


日 時:
 10月9日(木)11:00- / 14:00- (各回約30分-45分)
場 所:
 工芸館1F
講 師:
 針谷崇之さん(うるしアートはりや)、岡 裕之さん(能作うるし店)、岡垣裕吾さん(WWW)
内 容:
・針谷崇之さん(うるしアートはりや・山中漆器)
蒔絵のメンズアクセサリー・ブランド「Mt.Artigianoモンテ・アルティジャーノ」のシリーズからボタンダウン・ピアスの開発について語る。

・岡 祐之さん(能作うるし店・金沢漆器)
今回の展示品は、土蔵の中で見つけた切溜(きりだめ)と竹の子弁当をヒントに、組盆と入子重を制作したもので、金沢漆器の持つ精緻な塗り技術について語る。

・岡垣裕吾さん(WWWプロジェクト・輪島塗)
輪島漆器商工業協同組合内の若手塗師屋を中心としたグループのプロジェクトを紹介。石川県工業試験場で開発されたパール調の新しい色彩をした漆などの活用やこれからの生活に求められる漆器の研究開発などの活動を中心に語る。
予 約:
 不要です。直接工芸館へお越し下さい。


2.ワークショップ「漆絵で作るアクセサリー」

makie111.jpg
日 時:
 11月8日(土)13:30-16:00
場 所:
 工芸館1F
講 師:
 針谷崇之さん
制作物:
 ブローチ、帯留、又はスカーフ留
サイズ:
 3cm x 4cm (楕円形)
定 員:
 10名
料 金:
 ¥5,000(送料込み)
 ※複数個つくる場合は追加1作品につき2,000円となります。
内 容:
 あわび貝でできた土台に蒔絵技法を用いて絵を描き、アクセサリーを制作します。
 漆で絵を描き、金粉(純金)を蒔いて仕上げます。
 普段から使って頂けるアクセサリーを目指して制作します。
参 加:
 6才以上(※ 12歳以下の方は保護者同伴でお越し下さい。)
 漆がついてもよい服装かエプロン、筆記用具、手袋、細かな作業ですので眼鏡が必要な方 はご持参ください。
 また描きたいモチーフがありましたら写真等の資料をご用意下さいませ。
 サンプルから選ぶ事も出来ます。
予 約:
 電話かメールにて事前にお申込み下さい。
 TEL: 076-262-2020 / Eメール: info@ishikawa-densankan.jp


3.技術研修会「漆を科学する」

日 時:
 11月17日(月)14:00-16:00
場 所:
 工芸館1F Self Cafe
講 師:
 渡辺暢子さん(福井県工業技術センター 主任研究員)
 梶井紀孝さん(石川県工業試験場 専門研究員)
定 員:
 15名
内 容:
 漆を知らない若い世代や海外の方々に漆を紹介する時に、その優れている点や特性につい
 て科学的な根拠に基づいて説明しない限り、説得力のある説明にはならない。
 このセミナーでは、具体的な数字や根拠を明らかにすることで、漆を今までの経験則や
 情緒的な説明とは違う角度から取り上げ、より説得力を持って「うるし未体験者」に漆を
 理解してもらう手段を提供するセミナーである。
参 加:
 無料
予 約:
 電話かメールにて事前にお申込み下さい。
 TEL: 076-262-2020 / Eメール: info@ishikawa-densankan.jp


urushi-talk.jpg

2014.09.29 Traditional Art & Craft of Ishikawa