ホーム > プログラム > ニュース

2014年

手からうまれるカタチ

会 期:
 2014年7月1日(火) - 9月4日 (木) 最終日は15:00まで
展示室:
 2F 第3展示室
作品数:
 約64点
展示協力:
 天池合繊株式会社


陶磁器デザイナー・田上知之介さんの作品を紹介する企画展です。アイディアスケッチのような紙の上での作業をほとんど行わず、眼と手で思考し、手で探りながら制作していく過程を紹介するとともに、日常生活で使われるモノとはどのようなものなのかを一緒に再考する機会となればと思います。

併せて、石膏型成形技術の中で最も一般的に用いられている「排泥鋳込み成形」の制作工程についても詳しく紹介するとともに、図面やエスキース、石膏型なども併せて展示しています。手仕事からうまれた美しい作品をゆっくりとご覧下さい。



<出展者紹介>
田上知之介 (TAGAMI Tomonosuke)
1974
熊本県生まれ
1999
愛知県立芸術大学デザイン・工芸科 陶磁専攻 卒業
2009
筑波大学大学院人間総合科学研究科芸術専攻プロダクトデザイン領域 修了
<Awards>
 
1998
第5回国際陶磁器展美濃 陶磁器デザイン部門 入選
1999
日本デザインコミッティー・デザインフォーラム1999 入選
2000
日本クラフト展('00/'01/'02/'04 入選)
工芸都市高岡クラフトコンペティション('00/'02)
2005
第7回国際陶磁器展美濃 陶磁器デザイン部門、 カティ・トゥオミネン・ニーットゥラ賞 
工芸都市高岡クラフトコンペティション、伊藤隆道賞
2007
パブリックコレクション(World Ceramic Exposition Foundation)
2008
第55回日本デザイン学会研究発表大会,グッドプレゼンテーション賞


<出展者からのメッセージ・田上知之介>

モノのデザインに取り組む時、頭に描いていたイメージは原寸大の石膏モデルを削り出すことから始める。イメージを具現化していく作業において、アイデアスケッチのようなペーパーワークはあまりやらない。削り出した石膏モデルを眺め、手で触り、「まだ少し違う。ピンとこない。」などと思いながら、何度も試行錯誤していると、ある時「ココ!」というポイントと出会う。眼と手で思考しながら探し当てたそれを、ペーパーワークから得られたことがない。未熟さ故だとも思うが、陶磁器デザインは手仕事から生まれるカタチなのだと考えている。

この企画展に並べられた作品は、そのようにして必死に創り出してきた作品の一部であるが、最も新しいものでも今から約9年前の作品になる。こうしてこれまでの作品を展示する機会を頂いたことで、現代の生活の中で本当に必要とされるデザインになっていたのかどうかを再考する機会となり、大変有り難く思っている。

最近は、毎日使う何でもないコップや、街の小さな個人商店、田舎の風景、農業や漁業に従事している人など、素朴で普遍的な姿で存在しているモノやコト、人に興味がある。
何気ないけれども、力強さとたくましさを備えていて美しいと思う。
一方で、人間の生活にとても大切なそれらが、急速な社会変化の中で部分的にではあるが、徐々に失われつつあると感じている。
陶磁器をはじめとして、日本の地場産業も同じ状況にある。そうした中で、陶磁器デザイナーとして取り組んだ仕事の質が、「個」で完結するようなモノで終止しているのならばとても虚しい。
だからこそ、モノを取り巻く社会や人、仕組みに目を向けたデザインに挑んでいくことを、これからのテーマとしたい。
そのような中に、ちょっとワクワクするような陶磁器デザインの新しい未来があると考えている。

2014.06.26 Traditional Art & Craft of Ishikawa

工芸館 フットウエア・コレクション 2014

会 期:
 2014年7月31日(木) - 9月30日 (火) 最終日は15:00まで
展示室:
 1F エントランスホール展示スペース
作品数:
 50点


伝統工芸の技は果たしてどこまでその領域を広げていくことが出来るのか。
この企画展では、漆・陶芸・水引・染・編み・加賀毛針・加賀繍などの作り手23名22組が、その可能性を必勝するための実験に参加してくれました。作り手にとっては、工芸というスパイスを加える事で、いかに日常生活で普通に履いているフットウエアをグレードアップさせることが出来るかという挑戦、使い手にとっては、それぞれの工芸分野についての理解を深めると同時に「工芸」を身につける楽しみを感じる機会となる事を目指しています。

それぞれの作り手の明確な制作意図を記したコメントを読みながら作品をご覧頂き、新たな足元のオシャレに挑む工芸を楽しんで下さい。なお、最終日には、「フットウエア・コレクションショー」を15:30より行い、実際に履いた姿をご覧に入れます。



conv1.jpg

フットウエア・コレクションショー
実際に履いてみたらどうなるかを見て頂くためのファッションショーを9月30日15:30より行います。モデルはもちろん出展者が務めます。

出展者(敬称略、あいうえお順):
安達七佳、井上昭光、大田正伸、北村沙希、木下富雄、国本夏紀、小林亜弥香、齊藤秀輝
島田章生・出口瑞花、高橋由貴子、武部徹、中嶋丈男、中西淑子、長原久美子、引持玉緒
久恒俊治、廣瀬由利子、宮﨑岳志、目細勇治、森内瑞恵、山谷尚敏、吉岡正義

◆ 併催プログラム

「スニーカー・Tシャツを自分柄に!」

本企画展の出展者の方々が教えてくれるワークショップです。スニーカーやTシャツなど、加賀友禅の型染め技法を使って、この夏、自分だけのONLY ONEアイテムを作ってみましょう。



日 時:
 8月29日(金)/ 30日(土)
 両日とも10:00-12:30 / 13:30-16:00
場 所:
 工芸館1F
講 師:
 中西淑子(29日)、武部 徹(29日)、森内瑞恵(30日)、太田正伸(30日)
制作物:
 ハンカチ、スニーカー、Tシャツ
 ハンカチはこちらで用意していますが、スニーカーとTシャツについては染めたいものを
 当日ご持参下さい。スニーカーは綿のキャンバス地のもの、Tシャツは綿100%、
 又は綿混のものでお願いします。
内 容:
 色々な加賀友禅の型をつかって、木綿のハンカチ、スニーカー、Tシャツを染めます。
 (体験時間:30-60分)
料 金:
 ハンカチ、スニーカー、Tシャツともすべて1作品¥1,200
参 加:
 エプロンをお持ちになるか染料がついても大丈夫な衣服でお越し下さい。
予 約:
 スニーカーとTシャツのみ、電話かメールにて8月27日までにお申込み下さい。
 ハンカチ希望の方は予約不要です。
 TEL: 076-262-2020 / Eメール: info@ishikawa-densankan.jp

2014.07.25 Traditional Art & Craft of Ishikawa

夏休みファミリー企画「そこに在るものの声を聴く」

会 期:
 2014年8月2日(土) - 9月29日 (月) 最終日は15:00まで
展示室:
 2F 第4展示室
作品数:
 24点
協 力:
 日本通運


以前は小学校でも図工の時間に彫刻刀で版画を彫ったり、中学でも彫刻刀を使って作品を作るなど、木彫が授業に取り入れられていましたが、最近では子供たちが彫刻刀を使ったり、木彫に触れる機会が減りつつあるようです。
本企画展では、木彫作品を取り上げ、夏休みに親子で木と向き合う楽しさを体感してもらう事を目指しています。

dogg.jpg

私達の身の回りの生き物をテーマに制作をしている木彫作家・本多絵美子さんの作品を取り上げるこの企画展は、犬やウサギなどの動物の他に蜂や蜘蛛など身近な昆虫にも目を向けており、子供達にも親しみやすいと思います。普段は気に留める事もない私達の生活圏にいる生き物を見つめ直すきっかけとなるよう、1階と2階に分けて作品を展示しています。木彫により親しんでもらうために、今回は実際に作品に触れたり、ワークショップで木彫に挑戦してもらう機会も設けています。



wide.jpg

<出展者コメント>
この展示では、私が初めて木で表現したいと想い制作した愛犬の彫刻から、現在までの年代様々な木彫刻が展示されています。

デッサンや彫塑をして彫刻を学び始め、初めて楠を彫って以来、木に触れること、木を彫ること、木にまつわることが私の生活の一部となりました。生き物の生活する世界、人間と生き物の関わり、人間の生活圏に入ってしまった生き物の生死、様々な生き物をテーマに作品を制作しています。

私の目を通して彫り出された形から、あなたの近くにいる小さな生き物にも出会えるかもしれません。どうかゆっくりとご覧ください。(本多絵美子)

dog02.jpg

<本多絵美子プロフィール>
1982
東京都生まれ
2005
東京造形大学造形学部美術学科彫刻専攻卒業
2007
東京造形大学大学院造形研究科造形専攻美術研究領域修了
現在、神奈川県相模原市のアトリエで制作活中。全国各地で木彫ワークショップを開催。
 
 
 
<受賞歴>
 
2003
「二十祭まちだヤング・アートコンテスト」(東京都町田・ぽっぽ町田)最優秀賞受賞
2006
「第13回木彫フォークアート・おおや」(兵庫県・おおやホール)入選
2006
「前橋アートコンペライブ2006+」(群馬県前橋) 審査員特別賞 伊東順二賞
2007
「新生展」(東京都青山・新生堂)入選
 
 
<主な個展・グループ展>
 
2003
「本多 絵美子 展」(東京都 町田・街角ギャラリー)
2006
「ORIENT 2006」(ミャンマー・ミャンマー国立博物館)
2007/2009/2011
「中之条ビエンナーレ」(群馬県・中之条町 )
2007
「暑中美舞」展(岡山県 倉敷・遊美工房)
2008
「家に巣む 」(個展/東京都 参宮橋・FLEW GALLERY)
2009
「 閑かな気配」(個展/神奈川県 横浜・gallery元町)
「 刻と時」(個展/神奈川県 相模原・相模原市民ギャラリーアートスポット)
2011
「温泉郷美術祭」展 (群馬県・中之条町 四万温泉)
「地に沁みる」(個展/東京都 千駄木・FLEW GALLERY)
2013
「春の木もれ陽うらうらと」(個展/東京都 神楽坂・かぐらざか五感肆パレアナ)
「いきものたちの、ものがたり展」(栃木県・那須高原 えほんの家 MURMUR)  
「ANIMAL」(滋賀県・成安造形大学)
「天衣無縫」(石川県・山代温泉温泉 Gallery PANNONICA)
「第36回日本分子生物学会年会」アート企画(兵庫県・神戸ポートピアホテル)
 
 
<常設>
 
2007年〜
鹿児島県 湧水町の栗野駅に「ある晴れた日に」が設置されています。
2010年〜
東京都立多摩小児総合医療センター彫刻制作(日建スペースデザイン企画)


◆ 併催プログラム

本企画展の出展作家、本多絵美子さんが教えてくれるワークショップが2つ開催されます。彫刻刀を握る機会がなくなりつつありますが、このワークショップで、ぜひ木と向き合う楽しさを体感して下さい。 今回のワークショップでは、楠を彫って、世界に1つだけのアザラシ、世界に1つだけの虫を作ります。さあ、レッツ・チャレンジ!


「木でアザラシを彫ろう!」ワークショップ

aza01.jpg
日 時:
 8月17日(日)13:00-17:00
場 所:
 工芸館1F
講 師:
 本多 絵美子
制作物:
 アザラシの木彫刻
サイズ:
 手のりサイズ
定 員:
 15名
料 金:
 ¥4,200
内 容:
 楠を彫刻刀で彫ってアザラシを作ります。
 彫った後に色塗りをして仕上げることもできます。
参 加:
 6才以上(※ 12歳以下の方は保護者同伴でお越し下さい。)
 木屑がついてもよい服装かエプロン、筆記用具、手袋、もしものための絆創膏、又、
 こだわりのアザラシを彫る方は写真等の資料をお持ち下さい。
 彫刻刀をお持ちの方はご持参下さい。お持ちでない方にはお貸し致します。
予 約:
 電話かメールにて事前にお申込み下さい。
 TEL: 076-262-2020 / Eメール: info@ishikawa-densankan.jp


「木で虫を彫ろう!」ワークショップ

mushi000.jpg
日 時:
 8月18日(月)13:00-17:00
場 所:
 工芸館1F
講 師:
 本多 絵美子
制作物:
 虫の木彫刻
(後ろに紐の通せる穴が空いています)
サイズ:
 手のりサイズ
定 員:
 15名
料 金:
 ¥4,200
内 容:
 楠を彫刻刀で彫って虫を作ります。
 彫った後に色塗りをして仕上げることもできます。
 後ろに紐の通せる穴が空いているので、紐を通して飾ることができます。
参 加:
 6才以上(※ 12歳以下の方は保護者同伴でお越し下さい。)
 木屑がついてもよい服装かエプロン、筆記用具、手袋、もしものための絆創膏、
 こだわりの虫を彫る方は写真等の資料、彫刻刀をお持ちの方はご持参下さい。
 お持ちでない方にはお貸し致します。
予 約:
 電話かメールにて事前にお申込み下さい。
 TEL: 076-262-2020 / Eメール: info@ishikawa-densankan.jp

2014.07.25 Traditional Art & Craft of Ishikawa