ホーム > プログラム > ニュース

2014年

輪島塗+

会 期:
2014年2月28日(金) - 4月1日(火) 最終日は15時まで
展示室:
2F 第4展示室
作品数:
80点
出展者(敬称略・あいうえお順):
大橋 清、北濱幸作、桐本泰一、九尾浩司、國田一春、坂口政昭、塩安眞一、芝山佳範、曽又 進、中門 博、西勝廣、引持力雄、藤野靖男、丸井菊二、山上正雄、山崎達司、山崎徹司朗(あいうえお順)
協 力(あいうえお順):
今井みのり、岩本歩弓、木﨑月甫、小原篤志、志奈幹雄、本江和美、森岡希世子、山谷尚敏
img-wajima-plus02.jpg

今回の企画展では、日常の情景を9つのシーンとして切り取り、そのシーンごとに情景を想像しながら、そこで使われている漆のアイテムを見て頂くことを意図しています。

タイトルの「輪島塗+ 」(輪島塗プラスと読みます)には2つの意味合いが含まれています。
ひとつは、輪島塗と他の素材のものを組み合わせて見て頂くという事。実際の生活の中では、すべてを漆でそろえるという事はまれでしょう。そこで、より現実に近い形で見て頂けるような展示を目指してみました。
そしてもうひとつは、伝統的な作品に、時代のニーズに合った漆のアイテムをプラスしてご覧にいれたいという事。伝統的工芸品は日常生活の中で使われてこそ次代に引き継がれていくものです。伝統の技術は大切に守り継承しつつも、新たな用途への応用も含めて意欲的に頑張っている職人さん方を応援しようというのも今回の企画展の趣旨です。

ご覧になられて、「うちでも使ってみようかな」と思っていただければ幸いです。

img-wajima-plus3.jpg
<出展者からのメッセージ>

漆を塗り、砥ぎ、磨き、描き、長く伝えられて来た技法で多くの職人達の手で作られる器達。その漆器、漆の持つ独特の透明感やぬくもり。生活様式の変化の中で、そういった漆器の良さを知る事も、手に触れてみる機会も少なくなっています。
今回、漆器、漆でいくつかのシーンを御覧頂いただき、伝統工芸を身近に感じて頂ければ幸いです。 (輪島塗伝統工芸士会会長・北濱幸作)

img-wajima-plus4.jpg
◆ 併催プログラム

「輪島塗・沈金」ワークショップ

企画展の出展者・芝山佳範さんに教えてもらいながら、沈金の基礎を学びつつ、パネルを作成します。この機会にぜひ沈金に挑戦してみて下さい。


日 時:
3月25日(火)・26日(水) 両日とも 13:00-16:00
場 所:
工芸館1F
講 師:
芝山佳範さん
制作物:
沈金のパネル(サイズ:縦13.5cm、横12cm)
内 容:
図案を選んでもらうか事前に用意していただき、漆塗りのパネルの上にカーボン紙と図案を置き、鉛筆でなぞり、写った図案を沈金ノミで彫りあげ色を入れたら完成。そのまま持って帰れます。
定 員:
各日とも1日20名
料 金:
¥3,350/1枚(材料費)
参 加:
6才以上(汚れても大丈夫な服装でご参加下さい)細かい作業になりますので、必要な方は眼鏡をお持ち下さい。
予 約:
電話かメールにて事前にお申込み下さい。
TEL:076-262-2020 / Eメール:info@ishikawa-densankan.jp


wajimanuri.jpg

<芝山佳範さんプロフィール>
1975
石川県金沢市生まれ
1994
石川県立工業高等学校工芸科卒業
1997
石川県立輪島漆芸技術研修所髹漆科卒業
2000
石川県立輪島漆芸技術研修所沈金科卒業
日本工芸会会員西勝廣氏に師事
2003
師より年季明けを許される
<受賞歴>
 
2006
第45回輪島塗見本展輪島塗技術保存会会長賞 受賞
2010
石川県より「平成22年度石川県伝統産業優秀技術奨励者」として谷本知事から表彰される

2014.02.26 Traditional Art & Craft of Ishikawa

春を染める

会 期:
2014年3月28日(金) - 5月28日(水) 最終日は15:00まで
展示室:
2F 第3展示室
作品数:
74点

着物以外のアイテムで、友禅の技術を生かしつつ実用性のある作品を紹介するプロジェクトの第1弾として小林亜弥香さんの作品をご覧いただきます。春らしい色で染めた友禅の布を用いて制作したピアス、イヤリング、ネックレス、リング、ブレスレットなどのアクセサリーを中心に、それらの制作工程も含めて紹介します。


bt4.jpg

<出展者からのメッセージ>

透き通る葉の美しさや羽根の模様、自然の造形に惹かれ、ジュエリーを制作しています。友禅染の技法で細かい模様を描き、ぼかし染めをした布を、軽やかなジュエリーに仕立ています。布で出来たパーツは色をたっぷりと吸い込んで、しかも軽く、空気をはらんでいるかのようです。みずみずしく、軽やかな新しいジュエリーの形をご覧下さい。


<小林亜弥香さんプロフィール>
1986
兵庫県生まれ
2011
京都市立芸術大学大学院工芸科染織専攻修了
金沢卯辰山工芸工房入所(-2013)
<受賞歴>
 
2011
伝統加賀友禅工芸展 入選
金屋町楽市 審査員特別賞
日本クラフト展 奨励賞
真綿のヴィジュアル・アート 大賞
卯辰山工芸工房賞
伊丹国際クラフト展 入選
2012
日本ジュエリーアート展 審査員特別賞・コシノヒロコ賞
石川デザインコンペ 金沢市長賞
卯辰山工芸工房賞
2013
伊丹国際クラフト展 入選


spr000.jpg

spr00.jpg

◆ 併催プログラム

「小林亜弥香さん・友禅染のアクセサリー」ワークショップ

本企画展の出展作家、小林亜弥香さんが教えてくれるワークショップです。友禅染で好きな柄を描き、ちょうちょのアクセサリーを作ります。自分で考えた柄か、参考の柄を見ながら友禅染で模様を描いて、染めて頂き、ちょうちょの指輪を作ります。


bt.jpg
日 時:
4月22日(火)13:00-16:00
場 所:
工芸館1F
講 師:
小林亜弥香
制作物:
友禅染めのちょうちょのリング(指輪)
サイズ:
3×3×3cm
(リングはサイズの調整ができます)
定 員:
10名
料 金:
¥3,000
内 容:
ちょうちょの形に合わせて、自分で考えるか柄を選んで
友禅染めをする。
(① 糊で糸目=アウトラインを描く ②染める)
染めた布は講師が蒸し・定着作業をして指輪に仕立て、工芸館に取りに来て頂くか着払いでのお届けとなります。(お渡しは約1か月後で、送料は参加者負担)
参 加:
10才以上(汚れても大丈夫な服装でご参加下さい)。
細かい作業になりますので、必要な方は眼鏡をお持ち下さい。
予 約:
電話かメールにて事前にお申込み下さい。
TEL:076-262-2020 / Eメール:info@ishikawa-densankan.jp


bt2.jpg

2014.03.24 Traditional Art & Craft of Ishikawa

FAST & SMART

会 期:
 2014年4月2日(水) - 6月1日 (日)
展示室:
 1F エントランスホール展示スペース
作品数:
 約60点


カップ麺の国内年間生産量は今や35億食に達し、国民1人当たりに換算すると年間約42個を消費していることになります。本企画展は、今や完全に日本の食生活の一部となっているカップ入りのインスタント食品を、制作工程や目指すところがその対極にある伝統工芸と合わせる事で、双方にとっての新たな利用機会と利用方法を提案しようとするものです。

cup011.jpg

年配の消費者には、インスタント食品を加熱調理後に別の食器に移し替えて食べる方々が多いようですが、若い世代の多くは容器から直接食べています。伝統的工芸品がなかなか若い世代の日常生活に入り込めない現状を考えると、こういった食品と組み合わせる事で、まさに手軽にさっと(FAST)、でもちょっと他の人とは違ったスタイルでおしゃれに(SMART)食べられる新スタイルを提案することが出来るのではないでしょうか。この企画展は、インスタント食品世代に向けた伝統工芸サイドからの新たな楽しみ方の提案です。ぜひお楽しみ下さい。

cup01.jpg

出展者 (敬称略・あいうえお順):相川繁隆 (金属)、浅田明彦 (挽物)、大島太郎 (漆)、大野麗子(漆)、大渕由香利(陶)、河上知明(金属)、河上真琴(金属)、小島 尚(木)、佐藤貴彦(指物)、四井雄大(陶)、芝山佳範(漆)、田中晴樹(木)、玉井智昭(木)、中島正士(石)、中矢嘉貴(木)、蜂谷友季子(漆)、引持玉緒(漆)、樋口知有里(陶)、久恒俊二(友禅)、廣瀬由利子(水引)、ヒロネアヤコ(テキスタイル)、船木大輔(陶)、宮﨑岳志(染)、村田肇一(陶)、本江和美(竹)、モンデンエミコ(テキスタイル)、柳内谷吉恵(染)、渡辺秀亮(石)



<作品とコメント紹介>

作品のいくつかを紹介します。


kawa01.jpg
●河上真琴・金属
気持ちを整える3分間。
高いレストランでは料理が運ばれてくる少し前になると、ウェイトレスが磨きこまれたナイフとフォーク、スプーンを持ってきて物腰淑(しと)やかに綺麗に並べていく。
そろそろだという期待が、期待が、思わせぶりな準備によって一層高められる。それで段々と意識が調理に集中してゆくのである。料理の食い手にしろ、あるいは物語の読み手にしろ「受ける側の心構え」で味わい深さが変わるのが常である。
この「カップ麺の取っ手」は最初の3分間ではフタ押さえを兼ねた箸置きになる。割り箸の割り溝に合わせて箸を立てると、まるで侍が刀掛けに愛刀をそっと立て掛けるような格好になる。侍ならそのまま正座で、愛刀の姿を眺めながら心を深く鎮めるところであるが、皆様にも3分間のささやかな心の備えの後、いつもより澄んだ心持ちでカップの蓋をそっと捲ってほしい。待ち構える準備が完成していれば、そこに立ち上る湯気の薫りもまた格別だろう。
その後はカップに逆さに嵌めて鉄の持ち手として、麺と同時に指先の手触りでも、ささやかなスパイスとして味わって欲しい。即席麺ひとつに何を面倒な。しかし無駄こそ文化の肥やしであり、味わいだと私は思うのである。

wata.jpg
●廣瀬由利子・水引
日本人の主食であるお米と一番の相性の良いみそ汁を選びました。「米と一汁一菜を贅沢に食べること」そのためのグッズたちです。季節やシチュエーションにあわせて色をお選びください。堅牢な飾り糸を巻いた水引は水にも強いので、軽く水洗いができます。食事のあとは、グリーンポットカバーや小物入れなど、使い道は色々。あなたにお任せします。


asa.jpg
●浅田明彦・挽物
お気に入りの木の器でカップヌードルを食べたい!けど、移し替えるのは面倒・・・。そんな時は詰め替え用カップヌードルリフィルでいつもの味でおいしくいただきます!ナチュラルな木の器は優しくてどこかほっこりできる親しみやすい印象です。山で食べるカップヌードルは格別の味。さらに木の器で特別な味を楽しんではいかがでしょうか? 






2014.03.25 Traditional Art & Craft of Ishikawa