ホーム > プログラム > ニュース

2014年

お正月特別企画「我らが加賀獅子頭」展

会 期:
2014年1月5日(日) - 3月30 日(日)
展示室:
1F エントランスホール展示スペース
作品数:
26点
協 力:
知田工房、玉作榮一、白山市立博物館、河北郡津幡町庄区、木越町獅子舞保存会、松任獅子舞連盟石同新町獅子舞保存会、東町獅子舞保存会、部入道町会、寄新保町町会、白山市/鶴来下東町、鶴来清沢町、鶴来今町、鶴来新町、鶴来上東町、鶴来本町一丁目、鶴来本町二・三・四丁目、鶴来古町、鶴来大国町、鶴来水戸町、鶴来大国西町
協賛:
日本通運


石川県の希少伝統工芸である加賀獅子頭の作り手は、県内にただ1軒、知田工房を残すのみとなっています。獅子頭の制作には様々な職人さんがかかわっていますが、真鍮の目と歯や補強用の鉄金具、面部の皮張、また、たてがみ部の馬の毛などにはもはやそれ専門の職人さんが姿を消しつつあります。『これ作っといて』とお願いしに行っても『じいちゃんが亡くなったんで、もうできん』と言われることが多くなってきた」という話しを聞くと、技術の継承がなされぬまま、昔はどのように作っていたのかが徐々に、しかし確実にわからなくなってきている現状が浮かび上がってきます。
本企画展では、特に複数の職人がかかわる制作工程に焦点を当て、完成までの全工程を詳しく紹介すると共に、2013年限りで大型の蚊帳の制作をやめてしまわれる玉作榮一氏の長さ10mにも及ぶ手描きの蚊帳や県内19の町会からお借りした貴重な獅子頭13点も展示いたします。工芸館で加賀獅子頭を取り上げるのは初めてであり、この機会に獅子頭の制作についての現状を知って頂くとともに、その制作についても理解を深めて頂ければ幸いです。



shishi02.jpg


<木彫加賀獅子頭の由来>

初代加賀藩主前田利家公が、金沢城に入城した時に盛大に行われたお祝いの獅子舞は、それ以後の隠れた武芸奨励策として盛んになりました。獅子頭も各町に一基守護神として大切に保存された町の誇りでもあり、現在でも沢山の町会で祭礼に獅子舞を見ることができます。
また獅子頭は災難をくいとめ、一声で万物を畏服すると云われており、魔除、厄除けの守り神として床の間や玄関などに飾られたり、縁起物としてお正月やお祭りの飾りは勿論、各種の御祝(新築・結婚・出産・節句・など)に用いられ縁起の良い置物として年間を通して親しまれています。

知田工房 房主 知田清雲

<知田清雲プロフィール(初代)>

昭和8年(1933)、石川県の九谷焼の里寺井町に生まれ、桐の産地鶴来町で育つ。17歳で、桐箱を作る仕事をしていて、箱に納める獅子頭に心奪われ、問屋のつてをたどり、加賀獅子頭の名匠、林香堂氏に学ぶ。以来この道一筋に技法を追究、約60年に及ぶ。


<知田善博プロフィール(2代目)>

昭和37年(1962)、石川県鶴来町に清雲の長男として生まれる。高校卒業後、金沢の彫刻家、今英男氏の元で7年修業。その後は清雲のもとで共に獅子頭を制作し、跡を継ぐべく努力を重ねている。獅子作りを天職と考え、古い獅子頭の修理を通して先人の技術を学ぼうと努力している。


<知田工房>

木彫による獅子頭を専門に制作している石川県で唯一の工房。白山市の山沿い、八幡町で親子2代にわたり、県内の獅子頭はもちろん、全国の様々な獅子頭を手がけている。また、古い獅子頭の復元や修理も行っている。東日本大震災で失われた石巻市の獅子頭の再建も手掛けている。小さな根付から、飾り用・祭り用・獅子舞用・神輿用まで様々な獅子頭を制作している。



◆ 併催プログラム

知田善博さん、加賀獅子頭を語る


親子2代にわたって加賀獅子頭の制作に携わってきた知田工房2代目・知田善博さんが、展示されている実物を見ながら加賀獅子頭について教えてくれます。又、制作にかかわる興味深い説明や獅子頭の動かし方を実際に見せてくれます。この機会にぜひ加賀獅子頭についてもっと知ってみましょう。


日時:
2014年3月8日(土) 13:30-14:00
場所:
工芸館1F
講師:
知田善博さん
参加:
無料
予約:
不要です。直接工芸館へお越し下さい。
chida.jpg

2014.01.06 Traditional Art & Craft of Ishikawa

箏と三味線、音のヒ・ミ・ツ

会 期:
2014年1月7日(火) - 2月26 日(水)
展示室:
2F 第4展示室
作品数:
45点
協 力:
琴三絃野田屋、三味線の福嶋、越路琴製造組合(画像提供)

箏も三味線も身近な和楽器であり、ほとんどの方は見たことがあるでしょう。しかしながら、どのような材料で、どのようにそれらの楽器が作られているのかを知っている人はほとんどいないのではないでしょうか。この企画展では、それぞれの楽器の材料や制作に必要な道具の実物を見て頂き、制作工程を詳しく説明するとともに音質がどのようなところで決まるのかを紹介します。又、演奏に必要な道具や譜面、昔の楽器ケースなど、付属の品々も併せて展示しています。多くの方々に和楽器をもっと身近に感じ、知って頂ければと思います。


koto_c02.jpg

<出展者からのメッセージ・野田正明>

「琴線に触れる」という言葉がございます。日本人で箏の音色が嫌いな方はおそらくいらっしゃらないでしょう。それだけ箏の韻は日本人の体に心地の良いものなのだと思います。しかしDNA的に受け入れる体質を持っているにもかかわらず「箏」という楽器をご覧になったことが無い方が最近では増えてきているようです。
「箏」は楽器であると同時にお道具でもあります。この企画展が雅な世界を知っていただくための一助になればと思います。

<出展者からのメッセージ・岡部将英>

三味線は日本の楽器です。しかし聞いたことはあっても、実際に弾いたり触ったりしたことがある方は意外と少ないと思います。また、弾いたことがあってもその構造や作りを知らない方はたくさんいると思います。
今回は三味線がどのような材料からできていて、どのように作られているかを知って、三味線の魅力を少しでもわかって頂ける機会となれば幸甚です。
苦労している点は、三味線は日本の楽器でありながら、触れる機会が少ないこと、作り手としては企画展内で詳しくご説明いたしますが、材料が少なくなってきていることです。


<出展者紹介・野田正明>

祖父が箏の製造販売を創業し私で三代目となります。当初この仕事を継ぐ気はさらさら無く普通のサラリーマンになるつもりでした。二代目である父の策にまんまとのってしましい結果的には継ぐこととなってしまいました。

<出展者紹介・岡部将英>

江戸後期から約130年続く、三味線専門店です。三味線の制作・修理・販売をしています。現在は4代目福嶋十一、5代目岡部将英で営業しております。お店の2Fでは25年ほど前から『三味線弾き体験(さくらさくら)』をしております。(抹茶付き300円)

・お店の名称:
福嶋三絃店
・現住所:
金沢市東山1-1-8
・連絡先:
076-252-3703
・営 業:
10:00-16:00
定休日は日曜・祝日・第2、第4土曜日

koto_a.jpg
koto_b.jpg



◆ 併催プログラム

コンサート at 工芸館 vol. 28 津軽三味線ミニ・ライブ「三弦のひびき」


sya0129.jpg

企画展「琴と三味線、音のヒ・ミ・ツ」に合わせて行う、小学生3名のユニット「津軽三味線明宏会三味線キッズ」のミニ・ライブです。全国大会で現在三連覇中の本多凛ちゃんが登場します。ぜひ、ご家族でお楽しみ下さい。


  • 日時:2月8日(土) 14:00-14:30
  • 場所:工芸館1F
  • 演奏:「津軽三味線キッズ」
       ・上坂音々(中学校1年生)
       ・本多 凛 (小学校5年生)
       ・ホフマン・ジェフリー(小学校5年生)
  • 参加:無料

< 津軽三味線明宏会三味線キッズ >

小・中・高生の集まりで、石川の民謡や全国の民謡などをみんなで楽しく練習しているチームです。伝統芸能を身につけてたくさんの方々に聴いて頂き、ひと時の安らぎを「唄・三味線・鳴物」の演奏で感じていただければという思いでメンバー一同練習に励んでいます。そして、何事もやればできるという事を演奏を通じて届けたいと思っています。


< 演奏者プロフィール >

・本多 凛:
小学校1年生から三味線を習い始め、3年生のときに全国大会で優勝し、
  ただ今三連覇中。
・上坂音々:
小学校4年生から三味線を習い始め、今年全国大会に挑戦する予定。
・ホフマン・ジェフリー:
2013年5月から三味線を習い始め、短期間で津軽じょんがら節の
        曲を習得。


コンサート at 工芸館 vol. 29 お琴のミニライブ



新春の企画展「箏と三味線、音のヒ・ミ・ツ」に合わせて行われる箏のコンサートです。企画展で箏についての理解を深め、箏の演奏で実際の音に触れていただける絶好の機会です。新春を迎えるにふさわしい優雅な気分で1日を始めてみませんか。


日時:
3月8日(土) 11:00am- 11:30am
場所:
工芸館1F
演奏:
石川県立伏見高校 筝曲部のみなさん
曲目:
「花の歌」「こ手鞠」他

<石川県立金沢伏見高等学校 筝曲部プロフィール >
歴史  :
金沢女子高校時代に筝曲同好会として発足し、共学の金沢伏見高校へと受け継がれ、 現在に至る。
活動場所:
金沢伏見高校3階和室
主な活動:
高等学校文化連盟主催石川県高等学校総合文化祭邦楽合同発表会参加
金沢伏見高等学校清流祭・新入生歓迎会での演奏他

2014.01.07 Traditional Art & Craft of Ishikawa

九谷・舞う

会 期:
2014年2月14日(金) - 3月26 日(水)
展示室:
2F 第3展示室
作品数:
97点

この企画展では、食器や花器といった九谷で一般的に作られてきたものとは違う作品に取り組みたいという九谷上絵協同組合の意向を踏まえ、組合の設立60周年を記念して新たに制作された蝶の陶板97枚を紹介します。大・中・小3種類の陶板の蝶に、上絵の職人さん32名がそれぞれ得意の技法を用いて加飾しています。作者の数だけスタイルがあると言われている九谷焼の多様さを、97匹の蝶を見ながら存分にお楽しみ下さい。



<出展者からのメッセージ>

これらの蝶の形をした陶板の壁飾りは、九谷上絵協同組合からの新しい提案です。置物、花瓶、食器など従来作られてきた器物ではなく、壁面を彩るという用途として、タイルではなく、1品でも気の利いた壁面のアクセントとなる形として蝶を選びました。蝶のもつ華やかなイメージと九谷焼の色彩がマッチすると思い制作しました。組合員の内32名が参加し、それぞれの個性でそれぞれ得意とする技法で加飾しました。初めての形の素地に対して自分のデザインを考え、それが焼き上がることを楽しみにして取り組みました。九谷焼きの絵付デザインの多様さを楽しんで頂きたいと思います。展示方法、並べ方次第で、作品の個性がぶつかり合い、又、引き立て合いするので、自分の好きな蝶を選び、想像しながらレイアウトしてみるのも楽しいと思います。時代の変化に応じて、カタチは変わっても、九谷焼のDNAを引き継いでいけるモノを作り続けていかなくてはなりません。
(九谷上絵協同組合 理事長 山田 晃)



chou01.jpg

chou02.jpg


<出展者紹介>(アイウエオ順)

・相川しほ(1975年 金沢市生まれ、能美市在住)
 イッチン盛で大胆な小紋柄で、かわいいだけじゃなくてスパイシーな感じを出したか った。
・有生礼子(能美市生まれ、能美市在住)
 大中小それぞれのデザインを考えるのは大変でしたが、赤絵らしく華やかに仕上がりました。
・井手幸子(1950 年 金沢市生まれ、能美市在住)
 ちょうちょとお花をイメージして春らしさを表現しました。
・上野真奈美(1988年 小松市生まれ、能美市在住)
 古風な柄を楽しんで下さい。
・岡田絹代(1979年 能美市生まれ、能美市在住)
 伝統の九谷焼が現代の生活に馴染むよう、和と洋どちらにも合うデザインにしました。
・川合孝知(1971年 静岡市生まれ、能美市在住)
 明るく、楽しく、蝶のように羽ばたきたい!
・河端理恵子(1982年 小松市生まれ、能美市在住)
 九谷焼の赤絵細描と青粒の技法を活用し、華やかで優艶な蝶々を目指し作成。
・北村和子(兵庫県姫路市生まれ、能美市在住)
 吉祥文の一つである七宝柄を選び、それが意味する「円満」を蝶と重ね合わせました。
 吉祥文を順に大きくしていく事で蝶の伸びやかさを表しています。
・後藤進一(1952年 能美市生まれ、能美市在住)
 赤絵が好きなので、文様を描き分け楽しい感じを出したかった。
・坂ノ下 猛(1949年 能美市生まれ、能美市在住)
 加賀の金箔を使ってあでやかに格調高く、品よく仕上げました。
・澤田郁美(1965年 河北市生まれ、能美市在住)
 九谷焼の良さを知って頂けるように描きました。
・沢田文雄(1939年 能美市生まれ、能美市在住)
 モダンな感覚でアゲハチョウを描きました。
・柴田 博(1950年 能美市生まれ、能美市在住)
 釉裏金彩という技法で制作しているので、ぜひ楽しんで見て下さい。
・竹腰美恵子(1956 年 富山市生まれ、能美市在住)
 自分の興味のある題材を、今まで自分がやってきた技法で表現してみました。
・田辺絋一(1940年 京都府生まれ、能美市在住)
 独自の線描きと彩色方法で蝶の羽を表現しました。
・徳田吉臣(1941年 能美市生まれ、能美市在住)
 九谷では昔は使われていなかったラスター彩を使って作った作品。
 時代に合わせ、ニーズに合ったものを提案していきたいと考えています。
・土用外男(1937年 能美市生まれ、能美市在住)
 県の昆虫館で蝶の飛ぶ姿を見て感じた、気持ちを、ほのかにしてくれる、何人にも親しまれる
 やさしさを出したかった。
・架谷庸子(1981年 河北市生まれ、能美市在住)
 蝶がお花畑を飛んでいるイメージで描きました。
・半田 健(1932年 白山市生まれ、能美市在住)
 花詰を追求した一途な仕事を見て頂きたい。
・東 早苗(1965年 小松市生まれ、小松市在住)
 伝統九谷焼を保ちつつ、楽しさを追求してみました。
・東 銀次(1948年 能美市生まれ、能美市在住)
 東 まり子(1975年 能美市生まれ、能美市在住)
 九谷焼の色絵と蝶の華やかさでどこか幻想的なイメージを活かして、
 夢のような世界にいざなえるものを作りたかった。
・福田良則(1952年 七尾市生まれ、能美市在住)
 黒を主体とした黒絵で制作しました。黒絵を更に突きつめていきたいと思っています。
・三浦勝男(1939 年  能美市生まれ、能美市在住)
 蝶の形のキャンバスに草花文様を描くと映えると思いました。
・南 恵子(1953年 能美市生まれ、能美市在住)
 2つ制作した蝶は、1つがグラデーションを入れたもの、もう1つは伝統的な鞘柄を赤絵で
 入れたものです。
・南 繁正(1950 年 能美市生まれ、能美市在住)
 同じ技法でリアルな蝶と全く異なる文様を描き、印象のコントラストを観たかった。
・宮本一恵(1944年 金沢市生まれ、能美市在住)
 昔からある文様の花詰を活かして蝶を描きました。
・村中忠夫(1939年 能美市生まれ、能美市在住)
 木米という伝統工芸の技の継続を目指して制作しました。
・山崎浩昭(1961 年 能美市生まれ、能美市在住)
 伝統ある金沢金箔を活かせるよう、様々な技法を試みました。
・谷敷正人(1954 年 能美市生まれ、能美市在住)
 九谷の特徴的な色を用いた作品。九谷らしさを見て下さい。
・山田 晃(1943年 能美市生まれ、能美市在住)
 この蝶の陶板は、新しい取り組みとして、350年に渡って続いてきた伝統の柄を蝶に
 のせてみました。
・山田寿正(1948年 能美市生まれ、能美市在住)
 新しい感覚を表現しようとしました。
・山田孝夫(1948年 能美市生まれ、能美市在住)
 銀彩の鮮やかさをぜひ楽しんで下さい。

◆ 併催プログラム

「絵付けに挑戦、オリジナル蝶の陶板制作」ワークショップ

本企画展の出展作家・南惠子さんに教えてもらいながら、展示されている蝶の陶板の素地に絵付けをするワークショップです。自分らしい蝶を一緒に作ってみませんか。


日 時:
3月15日(土) 10:00-12:00 / 13:00-15:00
場 所:
工芸館1F
講 師:
南 惠子さん
制作物:
蝶の陶板(サイズ:縦約10cm、横約12.5cm)
制作時間:
1枚の絵付けには約30分かかりますので、午前の部も午後の部も上記の時間内に終わるようお越し下さい。
定 員:
14名(午前の部7名、午後の部7名)
料 金:
¥2,000/1枚
お渡し:
絵付けした作品は、南さんに焼いて頂き、約2週間でお渡しいたします。
お渡しは工芸館に取りに来て頂くか、着払いでのお届けとなります。(着払いの場合、送料は参加者負担となります)
予 約:
電話かメールにて事前にお申込み下さい。
TEL:076-262-2020 / Eメール:info@ishikawa-densankan.jp

<南惠子さんプロフィール>
1978
九谷焼伝習生優秀賞
1990
日本伝統工芸展入選
1992
九谷焼見本市辰口町長賞
2002
北國女流美術展佳作
2003
北國女流美術展北國賞
2006
日本伝統工芸展入選
北國女流美術展北國賞
2007
石川県現代美術展入選(これまでに入選8回)
2010
日本伝統工芸展入選
2011
石川の伝統工芸展入選(これまでに入選30回)

2014.02.05 Traditional Art & Craft of Ishikawa