ホーム > プログラム > ニュース

2013年

大人の木遊び

オートバイ (長さ1.5m)



会 期:
2013年10月30日(水)- 11月24日(日)
展示室:
1F エントランスホール展示スペース
展示品:
約100点

本企画展では岩手の木工作家・さとう つかささんの作品を紹介します。木工芸への導入編として、作品の前で親子で会話が出来、共に楽しめる事を目指して企画したものです。観覧車や飛行船といった動きのある大型作品や、バランスを取りながら動かすことのできるピノキオをモデルにした小型の作品など、幅広い作品を紹介しています。また、この企画展では、すべての作品に触ることが出来るので、木の感触や温かさを楽しんでもらうことも出来ます。特に子供達には、動く作品のメカニカルな面白さを体感して頂きたいと思います。


<作者からのメッセージ>

木という素材に惚れ込み、木工作家となった自分は、小さい頃から物づくりが大好きな子供でした。現在、岩手の大自然の中で日々遊び心いっぱいの作品を作っています。作品はすべてひとつひとつ手づくりです。その表情や、木のもつぬくもりやあたたかさに触れてみて下さい。作品を見て頂き、思わずにっこりして頂けたら幸いです。


< さとう つかささんプロフィール >

幼いころから、物づくりに没頭する毎日。分解したり組み立てたりとモノが出来る仕組みを遊びの中から発見。その体験が元となり、大手自動車メーカーに勤務。自動車整備士として働く。その後、大工に転身。木の特性や特徴を学び、木の虜となる。
33歳の時独立。自宅に工房(「木工房さとう」)を設立し、木工作家となる。オートバイや飛行船、観覧車など大型の作品から、小びとのピノキオ、通称「ピトくん」などの小型の作品に至るまで幅広く制作している。作品の中には電気で動くものや、手回しで動かすことができるものも制作している。子ども向けのログハウスやミニバイクなど木で作れるものはオーダーメードで創作している。
岩手県北上市の工房で制作に励みつつ、関東を中心にクラフトマーケットや百貨店での展示会など精力的に活動をしている。北海道苫小牧市生まれ、岩手県北上市在住。


wood1105_02.jpg

◆ 併催プログラム

みんなのワークショップ「もうすぐクリスマス、ピトくんを作ろう!」


本企画展の出展作家・さとうさんに教えてもらいながら、ピノキオをモチーフにしたピトくんを木で作るワークショップです。クリスマス、モミの木のそばに置くのにぴったりの、あなただけのピトくんをおうちに連れて帰って下さい。



pito02.jpg
    ピトくん完成イメージ
日時:11月23日(土祝)・24日(日) 
    両日とも10:00-11:00 / 14:00-15:00
場所:工芸館1F
講師:さとう つかささん
定員:午前・午後とも各5名
   12歳以下の方は大人の方と一緒にご参加下さい。
料金:¥1,400(材料費)
作品サイズ:ピノ君の身長は約14cmです。
予約:電話かメールにて事前にお申込み下さい。
   TEL 076-262-2020
   Eメールinfo@ishikawa-densankan.jp

2013.10.14 Traditional Art & Craft of Ishikawa

クリスマス特別企画「mellow glass ‐光の街‐」

会 期:
2013年11月27日(水) - 2013年12月30日 (月)
会 場:
1F エントランスホール展示スペース
展示品:
約300点


本企画展では、若手ガラス作家、タナカユミさんの作品を紹介します。タナカさんの作品はパート・ド・ヴェール(Pâte de verre)という技法で作られています。この技法は、紀元前16世紀頃にメソポタミアで考案され、ローマ時代になって一旦は消滅したものの、19世紀末のアール・ヌーボーの時代にフランスのアンリ・クロというガラス工芸家によって命名された技法です。これは、カレットと呼ばれるザラメ状のガラスを石膏型に詰め、そのまま窯の中で焼き上げ、冷却後に仕上げるガラス成型法です。
本企画展では砂糖菓子のような透明感を持った作品で3つの村を構築し、クリスマスに相応しく光の中に佇む家々の幻想的な情景をご覧頂きます。



hikari23.jpg

<タナカユミさんからのメッセージ>
記憶をカタチにすること。
私の生まれ育ったところは、長野県の八ヶ岳のふもとです。標高1100メートル。冬の寒いときには気温がマイナス15度になります。キラキラと舞うダイヤモンドダストや樹氷も庭先でみることができます。雪は少なくホウキで掃いて雪かきをします。私の住むところの冬は、キーンという冷たさとサラサラとした雪。雪は冷たさで蒼く見えます。
金沢でのはじめての冬は、雪の深さと重さに驚きました。一気にたくさん降った大雪の日、雪の上を泳ぐように歩いて家に帰ったことを思い出します。その雪は、どこまでも真っ白で深く、雪の中のあったかかったこと。金沢の冬は、シーンとした静けさと白の景色。
記憶の景色をカタチにしました。

hikari24.jpg


◆ 併催プログラム

タナカユミさんワークショップ「光のオーナメント作り」


hinmeri.jpg


フィンランドに12世紀から伝わる冬至祭の装飾品「ヒンメリ」を作るワークショップです。
現在のようなクリスマスの風習が広がる以前、麦わらに糸を通して作られるモビールを飾り、光の再生を願い、自然の恵みに感謝して祈りを捧げたのでしょう。
今回のワークショップでは藁のストローにガラスのパーツを組み合わせて、光が揺らめく「ヒンメリ」を作ります。


日時:
12月20日(金) 10:00-12:00
場所:
工芸館1F
講師:
タナカユミさん
定員:
10人
内容:
ガラスのパーツと麦わらのストローを使って、北欧のクリスマスの伝統的な装飾品である「ヒンメリ」を作ります。
持物:
タオル1枚(手拭いサイズ)
料金:
¥1,700(材料費)/1個
予約:
電話かメールにて事前にお申込み下さい。
TEL:076-262-2020 / Eメール:info@ishikawa-densankan.jp


<タナカユミさんプロフィール>

長野県生まれ。

1996-
富山ガラス造形研究所 造形科にてガラスを学ぶ。
1998-
金沢卯辰山工芸工房 ガラス工房を経て
2002-
MellowGlassとして活動をはじめる。
個展・展覧会を中心に発表活動をしている。


受賞歴

1997
New Glass Review 18 (N.Y. Corning Museum of Glass)
1998
国際ガラス展 金沢
New Glass Review 19 (N.Y. Corning Museum of Glass)
高岡クラフトコンペティション
1999
99 世界工芸コンペティション
New Glass Review20 (N.Y. Corning Museum of Glass)
2000
伊丹酒盃台展 奨励賞
高岡クラフトコンペティション
金沢市工芸展 奨励賞
New Glass Review 21 (N.Y. Corning Museum of Glass)
2001
国際ガラス展 金沢
Wan One 展 奨励賞
2001 世界工芸コンペティション
第3回現代ガラスの美展IN 薩摩2001
New Glass Review 22 (N.Y. Corning Museum of Glass)
2002
日本現代ガラス展・能登島 能登島ガラス美術館
New Glass Review 23 (N.Y. Corning Museum of Glass)

2013.11.22 Traditional Art & Craft of Ishikawa

クリスマス特別企画「Winter Duet for Felt & Glass」

会 期:
2013年12月3日(火) - 2014年2月12日(水) 最終日は15:00時まで
展示室:
2F 第3展示室
展示品:
約70点

本企画展では、金沢在住のフェルト作家・ヒロネアヤコさんと、同じく金沢在住のグラスアーティスト・猪野屋牧子さんの作品を紹介します。フェルトとガラスという対照的な素材を合わせて展示することにより、それぞれの素材が持つ特徴と可能性や柔と剛、暖かさと怜悧さの調和を感じて頂けるよう作品選定を致しました。冬を意識したフェルトの持つ暖かさとクリスマスに相応しいガラスの華やかさをお楽しみ下さい。

felt&glass_1.jpg


<出展者からのメッセージ・ヒロネアヤコ>
植物や自然から造形的インスピレーションをうけ、生活を豊かにするモノづくりをめざして制作をしています。
フェルトをつくる作業は陶芸とよく似ています。材料の羊毛は、足したり、ひいたり、くっつけたり、作りたい形が手の中で自然にできあがっていく自由な素材です。粘土細工が子供の感性をのばすのと同様に、フェルトも造形力の養成に非常に優れた素材です。小さな子供の教育現場にもっとフェルトが浸透していくことを願って、子供や親子のワークショップを開催しています。
felt05.jpg

yukihana (ヒロネアヤコ)



<出展者からのメッセージ・猪野屋牧子>
バーナーワークで使う色ガラスには何百種類もの色があり、様々な形や表情を表現する事が出来ます。この多種多様な表現が出来るガラスを使って、ジュエリーやオブジェを制作しています。 頭の中に思い描いたイメージを忠実に再現出来るバーナーワークは、私にとって一番の表現方法でした。モチーフは私の感性によって日常の中から選び取られ、美しく過剰な程の装飾が私の心を引きつけます。ガラスの様々な表現を皆様に楽しんで頂けたらと思います。



galass02.jpg

(左)glass pen (中央)ring/multiplication (右)connecting fantasy (猪野屋牧子)




◆ 併催プログラム

ヒロネアヤコさんワークショップ「フェルトで作る雪だるま」


本企画展の出展作家・ヒロネさんに教えてもらいながら、クリスマスにぴったりの可愛らしいスノーマンを一緒に作ってみませんか。



日 時: 12月8日 (日)
1回目: 10:30-12:30
2回目: 13:30-15:30
snow.jpg
場 所: 工芸館1F
講 師: ヒロネアヤコさん
定 員: 各回10名
内 容: まとめた羊毛を専用針で刺し固めることでフェルト化させます。
糸で縫わずに直感的で自由な造形体験ができます。
持ち物: 手ぶらで結構です。
毛に敏感な方は、マスクやエプロンを用意していただくといいと思います。
料 金: ¥1,700(材料費)/ 1体
予 約: 電話かメールにて事前にお申込み下さい。
TEL: 076-262-2020 / Eメール:info@ishikawa-densankan.jp




猪野屋牧子さんワークショップ「ガラスとシルバーで作るグラスネックレス」


今年のクリスマスは、自分で作ったアクセサリーでお出かけしてみませんか。本企画展の出展作家・猪野屋さんと一緒にマイ・グラスジュエリーを作ってみましょう。



日 時:
12月21日(土) 13:30-15:30
場 所:
工芸館1F
講 師:
猪野屋牧子さん
定 員:
10人
内 容:
ガラスのパーツとシルバーのチェーンなどを組み合わせてネックレスを作ります。
ネックレスは、参加者が自由にデザインして頂きます。
料 金:
¥2,500(材料費)/1本
予 約:
電話かメールにて事前にお申込み下さい。
TEL: 076-262-2020 / Eメール:info@ishikawa-densankan.jp

glass_1.jpg

(左)ネックレス・制作例 (右)パーツ




line_gray.gif



<出展者プロフィール>
ヒロネアヤコ (HIRONE Ayako)
1967
石川県金沢市生まれ
1991
金沢美術工芸大学商業デザイン科卒業
花王株式会社にて商品のパッケージデザインに携わる
帰省後、専門学校国際デザインカレッジ金沢にて講師
2008-
金沢学院短期大学講師
2010-
金沢学院大学非常勤講師

ビジュアルデザインの楽しさを学生に伝えることと並行して、制作とワークショップを行う日々を過ごしています。

<受賞歴>

2004
中谷宇吉朗雪の科学館 第3回 雪のデザイン賞 佳作
2007
中谷宇吉朗雪の科学館 第4回 雪のデザイン賞 入選
2009
中谷宇吉朗雪の科学館 第5回 雪のデザイン賞 ラネージュ賞
トート・アズ・キャンバス・デザインアワード2009 準グランプリ
2010
工芸都市高岡2010クラフトコンペ 入選
2012
工芸都市高岡2012クラフトコンペ 入選

<2009年以降の主な出展・個展・グループ展>

2009
特別展「雪・天から送られた手紙」(熊野古道なかへち美術館)
2010
個展「身につける、身にまとう、普段着のフェルト」(金沢市 collabon)
工芸都市高岡2010クラフト展(大和高岡)
2012
企画展「雪と氷」(群馬県立館林美術館)
工芸都市高岡2012クラフト展(大和高岡)
作家の引き出し展(高岡 Babooshka)
2013
個展「まとうfelt、かざるfelt。」(金沢市 モノトヒト 30 days labo)
「生活工芸/金沢」2013(代官山 T-SITE ガーデンギャラリー)
(金沢市 名鉄エムザ・ステーションギャラリー)


猪野屋牧子(INOYA Makiko)
1975
北海道室蘭市生まれ
1998
金沢美術工芸大学商業デザイン科卒業
2001
富山ガラス造形研究所卒業
2001-
作家活動開始

金沢市在住。展覧会やデパートなどでの販売を中心に活動、制作しています。

<2005年以降の主な出展・個展>

2005
青山スパイラルマーケットで期間限定販売開始(東京)
H.P. France Boutique, France et carrollにて販売開始(東京)
2006
「ガラスノモリ」H.P. France Boutique ラフォーレ原宿店
2007
福岡デザイニング展「瑠璃の個性」H.P. France Boutique 福岡店
CHRISTOPHE COPPENSで販売開始(東京)
「WHITE」LA PETITE EPICERIE JACQUELINE MORABITO(東京)
2011
「夏のピアス展」jubilee(岩手)
「INOYA MAKIKO JEWELRY」アッシュペーブチック(神戸)
2012
「INOYA MAKIKO-幻の庭」福岡デザイニング展H.P. France Boutique 福岡店
「猪野屋牧子個展 From The Wonderland」Sipka(名古屋)
「Inoya Makiko Fair」H.P. France Boutique 銀座店、西宮店、梅田店、福岡店、京都店
「子供と魔法展 黒の魔法」 Sipka 名古屋
「子供と魔法展 白の魔法」 Sipka 名古屋
2013
「Inoya Makiko Fair」H.P. France Boutique 銀座店、西宮店、梅田店、福岡店、京都店
「Inoya Makiko展」福岡デザイニング展 H.P. France Boutique 福岡店
「Inoya Makiko展」アッシュペーブチック(神戸)



2013.11.25 Traditional Art & Craft of Ishikawa