ホーム > プログラム > ニュース

2013年

スウガクと暮らす

会 期:
2013年7月5日(金)- 9月1日(日)
展示室:
2F 第3展示室
作品数:
31点

sugaku_4.jpg

この企画展では、数学の中で用いられる様々な記号やグラフなどをモチーフとした作品を、部屋と
いう空間のインテリアとして提示しています。それぞれの数学的アイテムが、まさしく数学的形態をとっているにもかかわらず意外な機能性をもって存在している仮想空間を作ってみました。

伝統的工芸品の作り手が最も頭を悩ませているのは、いったいどのようなものを作ればいいのかと
いう事であるように思われます。この企画展は、様々な分野の作り手にとって、日常生活の中で使うことができ、かつ遊び心があり、「ほしいな」と思えるような作品作りのヒントとなる事を目指しています。伝統的工芸品の作り手を意識した企画展ですが、夏休みに親子で楽しく見て頂けるよう工夫してあります。


suugaku_2.jpg

<制作者、今井みのりさんからのメッセージ>
MATHEMATICAL/スウガク的な

この展示のお話を頂いたとき、「"部屋"のような空間をつくりましょう!」とご提案がありました。
私は悩みました。どんな部屋にしよう...。
悩みに悩んだ末、私は「スウガク」をテーマにして部屋をつくることに決めました。といっても、
私はスウガクの勉強をすることは好きではありません。しかしながら、勉強と切り離して改めて見てみると、複雑な図形や、暗号みたいな数式、様々なグラフ、ヘンテコな記号... スウガクの教科書には、不思議なワクワクがいっぱいです。
そんなふうに、スウガクが持っているたくさんの要素から、気になる部分を抽出して、私の持って
いるスウガクのイメージと組み合わせた空間。これが今回のテーマです。
加えて、私は以前から「機能性には欠けるけど、カタチや使い方に遊びのあるモノ」というコンセプトを掲げて制作をしてきました。今回のテーマとは、ある意味対照的です。
「"機能性"は追及しないのに"スウガク"的」という矛盾。そこから生まれたカタチたちは、どこか滑稽で、それらが散りばめられたこの空間は、スウガク的なようで、全然スウガク的ではないのかもしれません。しばし私のイメージにお付き合い頂けたら幸いです。


<今井みのりさんプロフィール>
1989
東京都生まれ
2008
武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科入学 (金工専攻)
2011
第51回日本クラフト展・学生賞
武蔵野美術大学卒業・修了制作展(大学構内、青山スパイラルガーデン)卒業制作優秀賞
2012
同大学卒業。卒業後一年間、同研究室に教務補助員として勤務
第44回毎日・DAS学生デザイン賞・入選
2013
埼玉県朝霞市にある共同工房にて作家活動を開始
New jewellery Artist Exhibition SELECT11 (銀座ACギャラリー)

◆ 併催イベント

リベット留めで作る金属のオリジナルアクセサリー・ワークショップ

このワークショップでは、真鍮・銅・アルミニューム・ステンレスなどの金属パーツをリベット留めで自由に組み合わせ、ペンダントヘッドやピアスなどのオリジナルアクセサリーを作ります。
夏にぴったりのクールなアクセサリー作りを通して、自分の隠れた才能を発掘してみましょう!


日時 :
8月16日(金)13:00-16:00
場所 :
工芸館1F
講師 :
今井みのりさん
参加 :
小学校3年生以上が対象です。それ以下の方は大人の方と一緒にご参加下さい。
料金 :
¥850(材料費)
予約 :
必要ありません。直接工芸館へお越しください。

2013.08.08 Traditional Art & Craft of Ishikawa

「月夜の水族館」

会 期:
2013年8月2日(金)- 2013年9月1日(日)
展示室:
2F 第4展示室
作品数:
サカナ約1,000匹

suizokukan08_01.jpg

ジャカード織りの魚、1,000匹が回遊する水族館。だあれもいない月の夜、果たしてその姿は
いかに・・・。Textile Artist 彦根 愛さんと工芸館がすべての方々に贈る夏休みのプレゼントです。

<アーティストからのメッセージ>
月夜の水族館へようこそ
まあるい月の夜の水族館に行った事がありますか?
この水族館では、特別な照明と水槽で、
いつも満月の夜の魚を観察できるようにしています。

皆さんは、魚は、眠る時 どうやって寝ているか知っていますか?
ふわーっと浮きながら目を開けたまま寝ています。
ということは、いつも水族館で私たちが見ている魚がお昼間に寝ていてもわかりませんよね。
人で考えると、まぶたの上に黒目を書いて授業を受けているみたいなものかもしれません。

さて、ここからは、月夜の水族館です。
御足下にご注意して静かにゆっくりお進みください。

くれぐれも魚に気づかれないようにしてくださいね。

水族館の飼育員 彦根 愛より

suizokukan08_02.jpg

<彦根 愛さんプロフィール>
1972年
東京都生まれ
1992年
女子美術短期大学 テキスタイル科卒業
1993年
女子美術短期大学 専攻科卒業
1993年-1996年
 鐘紡にてクリスチャンディオールのデザインを手がける
1997年-1998年
 イタリア・フィレンツェ留学
2000年
イタリア・フィレンツェ留学

現在、女子美術大学および女子美術短期大学 非常勤講師


<作家歴>

1997年より
2013年まで日本クラフト展
1997年
高岡クラフト展 奨励賞受賞
1998年
高岡クラフト展入選
1998年より
2011年まで現代工芸美術展入選9回
1998年
ジャパンテキスタイルコンベンション入選 01新人賞受賞
1999年
新匠工芸会展入選
2000年
ドイツTALENTE I.H.M2000 クラフト協会推薦出品
2002年
裂き織り展入選
2004年
全国裂織展入選、審査員賞受賞
Interweave Press WHAT'S HOT CONTEST BEST OF SPINING賞 (USA)
2005年
Interweave Press PONCHOCONTEST MOST ORIGINL DESIGN賞(USA)
2006年
Interweave Press Towel Contest Most Futuristic賞(USA)
2008年
日本ジュエリーアート展 大賞受賞

<著書>
手織りと手紡ぎ グラフ社
手織り工房   グラフ社
手織り手紡ぎ工房 ルックナウ社
共著 
アシュフォードのリジット機の本 アシュフォード社(ニュージーランド)
Winning Towels  interpless社(アメリカ)

個展・グループ展など、国内外での展覧会を多数行っている。



2013.08.10 Traditional Art & Craft of Ishikawa

「加賀友禅 縁の下の力持ち」

会 期:
2013年8月2日(金)- 2013年9月2日(月)
展示室:
1F エントランスホール展示スペース
展示品:
パネル30点、道具その他 約30点
併催プログラム協力:
加賀友禅伝統産業会館

この企画展では、加賀友禅の制作工程の中でも普段あまり紹介されることのない色挿し以外の仕事に焦点を当て、それらの仕事に従事する職人さんたちの生の声を聴いて いただく事を意図しています。

加賀友禅が完成品となるまでには、職人技を駆使した様々な工程が必要とされます。 下絵・糊置き・地染めといった工程は、それぞれに従事する専門の職人さんの数も減ってきており、その方々が使用する道具を作っている職人さんも又、激減しています。そのような現状を広く知って頂くと同時に、制作工程の全体像を把握していただけるよう、本企画展では、普段目にする事も紹介される事も
ほとんどない下絵・糊置き・地染めを取り上げ、それぞれに使用される材料や道具、制作工程に
ついて詳しく紹介しています。

職人さんたちの生の声を聴いてもらうために、下絵・糊置き・地染めの職人さんがそれぞれ自分の
仕事について語るギャラリートークや、青花で下絵を描くところから始め、糊置き、色挿しの工程を体験して頂くワークショップなどを実施します。又、糊置きについては産地を問わず日本全国の友禅作家を対象としたセミナーを行います。


<出展職人さんプロフィール>

・宇野緋紗子

1942
福井県生まれ
1973
「加賀友禅 中染色工房」中 政雄氏に師事
下絵の手ほどきを受け、下絵一筋に歩む
1990
多くの作家の下絵を手がけ、今日に至る

・中島良二

1950
津幡町生まれ
1993
第19回加賀友禅新作協議会 中部通商産業局長賞(糊置)
1997
加賀友禅 手描部門(糊置)伝統工芸士認定
2001
第23回伝統加賀友禅工芸展 糊置技能賞
2009
第31回伝統加賀友禅工芸展 糊置技能賞
金沢市が韓国・全州市と姉妹都市提携を結んだことから、 第8回伝統工芸作家交流展
(韓国・全州市)にて1週間の糊置き実演を行う

・三口 武

1967
金沢市生まれ
1985
高校卒業と同時に家業である三口染物店を継ぐ
1996
第22回加賀友禅新作競技会引染の部門で中部通商産業局長賞受賞
2008
石川県勤労者美術展手工芸の部門で金沢市市議会議長賞受賞
2009
石川県勤労者美術展手工芸の部門で石川県県議会議長賞受賞
2010
協同組合加賀友禅染色団地の理事に就任
2011
石川の現代工芸展初出品初入選知事賞受賞
2012
日本現代工芸美術展初出品初入選
2013
金沢市工芸展初入選、現代美術展初入選、日本現代工芸美術展再入選

・久恒俊治

1973
加賀友禅作家鶴見保次工房に入門
1987
独立して、加賀友禅工房久恒を開設
1990
皇太子妃雅子様、御婚礼用桐ダンスの油単と袱紗に加賀友禅を染める
1995
「石川県新技術開発交流展」にて金賞受賞。石川ブランドに認定される
1997
石、和紙に友禅模様を描き,「発明くふう展」で奨励賞受賞
2002
木に友禅染をする技法で特許所得
「全国伝統的工芸品公募展」に友禅行灯、友禅ガラス皿2点が入選
2005
紀宮様御婚礼のおり、宮様用贈答品に友禅夢樹の折敷を制作
2006
友禅シート石川ブランド認定
2007
日印国交50周年記念、外務省・国際交流基金認定「2007インドにおける日本年」にて
「加賀友禅サリー」を発表
2008
金箔手描き加賀友禅が石川ブランド・金沢ブランドに認定される
2009
石川デザイン展にて友禅テレビボード「せせらぎ」入賞

加賀友禅 下絵職人の仕事

shirokiji01.jpg

仮仕立て、ちりめん等の白生地(袖・身頃等に決められた寸法により裁断し、仮仕立てしたもの)に


zuan01.jpg

1 作家の図案を机上に広げ、その上に生地を置く


shitae01.jpg

2 青花(半紙大)2.5cm位に切り、小皿に入れ少量の水分で浸す。これを用い、絵筆で細く正確に描き  上げる。
  白生地に最初に描く下絵作業は後の工程にとり大切であり、継ぎ目箇所の模様他、丁寧にわかり  やすく描く必要があります。


habadashi01.jpg

3 描き終えたら、生地の仮仕立てをほどいて、巾出しをする。(縫い代に模様を余計に3分(約1cm程)  描く。)


norioki01.jpg

4 次の工程の糊置き職人の方へ廻す。


◆ 併催イベント

「職人さんのギャラリートーク」

しゃべるのは苦手という職人さんですが、今回は自分たちの仕事を語ってもらいます。それぞれの
工程ごとに、専門の職人さんが説明し、参加者の質問にも答えます。加賀友禅の「全容」を知る
またとない機会です。ぜひご参加下さい。


日時 :
8月10日(土)・8月25日(日) 10:00 am-10:45 am
場所 :
工芸館1F及び加賀友禅伝統産業会館
講師 :
宇野緋紗子(下絵)、中島良二(糊置)、三口 武(染色)、久恒俊二(模様師)
内容:
工程の順番に従って、それぞれの職人さんが自らの仕事について語ります。
① 図案(久恒俊二さん) 工芸館1F
② 下絵(宇野緋紗子さん) 工芸館1F
③ 糊置き(中島良二さん) 工芸館1F
④ 地染め(三口 武さん) 工芸館1F
  徒歩にて友禅会館へ移動(徒歩5分)
⑤ 色挿し(久恒俊二さん) 加賀友禅伝統産業会館
定員 :
各回20名
参加 :
無料
予約 :
電話かメールにて事前にお申込み下さい。
TEL:076-262-2020 / Eメール:info@ishikawa-densankan.jp

「加賀友禅・全部やってみよう!」ワークショップ

青花で下絵を描くところから始めて、糊置き、色挿しの工程をすべて体験して頂くワ ークショップ
です。どのような工程を経て完成品に至るのかを自分でやってみる事によって知ることが出来る絶好のチャンスです。友禅の素敵なハンカチを職人さんの指 導で作ってみましょう。


日時 :
8月10日(土)・8月25日(日)13:30-16:00
場所 :
工芸館1F及び加賀友禅伝統産業会館
講師 :
宇野緋紗子さん(下絵)、中島良二さん(糊置)
内容:
工程の順番に従って、それぞれの職人さんが教えてくれます。
① 青花で下絵を描く(宇野緋紗子さん) 工芸館1F
② 糊置きする(中島良二さん) 工芸館1F
③ 地入れ(中島良二さん) 工芸館1F
  徒歩にて友禅会館へ移動(徒歩5分) 工芸館1F
④ 色挿し 加賀友禅伝統産業会館
⑤ 糊落し 加賀友禅伝統産業会館
⑥ 乾燥-完成 加賀友禅伝統産業会館
定員 :
各回5名
料金 :
3,000円(材料費)
予約 :
電話にてお申込み下さい。 TEL:076-262-2020
作品サイズ :
ハンカチ(綿)45 cm x 45 cm

友禅作家のための「糊置き」セミナー

友禅業界の現況では、近い将来「のりやさん」が、いなくなるかも?
そんな中、友禅作家が自分で糊置きを覚えたい!しかし、誰も教えてくれない。 このセミナーは、
友禅作家のために開催される、友禅作家が自分で「糊置き」をするためのセミナーです。


日時 :
8月4日(日) 13:00-16:00
場所 :
工芸館1F セルフカフェ
講師 :
中島良二さん
受講資格 :
友禅作家のみ(石川県以外の方も受講可)
 業界の関係者、またはそれに準じる方の受講はお受けできません。
定員 :
15名
参加 :
無料
申込み:
電話かメールでお申込み下さい。
折り返し、受講申込書をメールまたはファックスでお送りいたします。
TEL:076-262-2020 / Eメール:info@ishikawa-densankan.jp
セミナー内容:
糊置きの実演はありません。

1.糸目糊の石灰調合の実演。その糊を布で濾し、筒に入れる。(約60分)

2.質疑応答(様々な疑問にお答えします)

 以下はその例です。

 ① 糸目糊の作り方や石灰調合について

 ② 作業方法や「地入れ」の仕方

 ③ ゴム糊の扱い方


zuan.shiae.norioki.jpg
図案 下絵 糊置き

2013.08.12 Traditional Art & Craft of Ishikawa