ホーム > プログラム > ニュース

2013年

空間を仕切るNOREN、この1枚の布に便利さと情緒を見る


会 期:
2013年5月31日(金)- 6月30日(日)
展示室:
1F エントランスホール展示スペース
作品数:
21点

siki_01.jpg

図案を描き、型紙を彫り、麻の布に植物染料を用いて型染めする。
この型染めという伝統的な染めの技法をなんとか現代の生活の中に取り入れられる形で提案
できないか、本企画展は、その可能性を探るための企画展です。

染織工芸作家・宮﨑岳志さんが、植物染料を用いて型染めしたNORENを中心として、作品や活用
方法、制作工程を紹介します。
古くは防寒用として、又、内と外の仕切りとして用いられてきた暖簾ですが、これを現代生活の中で活用するとどのようになるのか。
休息(睡眠)のスペース、食事のスペース、仕事や勉強のスペース・・・様々な機能を持った
スペースを独立した空間とするために使う、そんな新しい役割を与えることで、若い年代の方々が
使ってみたいと思う作品とその使用例を展示・紹介しています。


nore_sescond.jpg
手拭い

<出展者メッセージ>

能登に移住して8年 が過ぎた。
能登に移ってからは植物染料のみで制作しようと自分に誓っていたので、移住直前に作った作品は
化学染料で600色以上の色を出し、一枚のキモノを作った。作品としての周囲の評価はいまひとつ
だったが、これで化学染料に別れを告げることができたので僕は満足している。

植物染料は化学染料に比べると、思い通りの色が出せない。化学染料なら出せる色も出せない。
しかし、植物染料を使い始めてから「色」に愛着が湧いてきた。1つの色に対する思いが変わった。
なので、最近の作品は「1柄に1色」なものが多い。それは色と柄を1対1で向き合わせたいからかもしれない。
1つの作品を仕上げるまでには様々な工程があるが、その中の1工程が少しでも狂うと植物染料は
敏感に反応する。いつまでたっても、何年やっても気が抜けない作業の繰り返しが果たして僕に
合っているのかは今も疑問だが、時折やってくる「つくることの喜び」が、大きな支えとなり次への意欲となっているのだと思う。
10数年前、京都で友禅染をされていて現在は人間国宝の方のご自宅に半ば強引にお邪魔した際、
ある一文を小さなメモ用紙に書いて僕に渡してくれた。
「芸術は拘束から生まれ、闘いに生き、自由によって死す」
先生が僕にこの言葉を渡した真意は未だにわからないままだが、いつまでも心の底にひっそりと
居座っている。(宮﨑岳志)


<宮﨑岳志さんプルフィール>
1970年
長野県生まれ
1991年
国立高岡短期大学 産業工芸学科 卒業
株式会社アイ・アド(大阪府大阪市)勤務
1996年
寺岡染匠房(大阪府吹田市)勤務
2002年
金沢美術工芸大学 工芸科科目等履修生 修了
2005年
金沢卯辰山工芸工房 修了
現在、石川県志賀町にて創作

<協力>
kyoryoku06.jpg


(右) Noren "雀"
(中央) "仕切り"としての手拭い
(左) Noren"菅笠"(手前)と"飛雲"(奥)


2013.05.31 Traditional Art & Craft of Ishikawa

石川県デザインセンター選定商品展  いしかわの伝統と新しい感性

会 期:
2013年6月1日(土)- 6月30日(日)
展示室:
2F 第3展示室
作品数:
73点

公益財団法人石川県デザインセンターでは、石川のものづくりの伝統を受け継ぎながら時代の
ニーズを捉えたデザインの優れた商品を選定して、販路拡大などの支援を行う「石川県デザイン
センター選定商品」事業を毎年行っています。
「いしかわの伝統と新しい感性」というテーマのもとに、新しい生活を提案する魅力 的な作品を
紹介します。



<出演者紹介>(あいうえお順)
■有永浩太
2001
倉敷芸術科学大学芸術学部工芸学科ガラス工芸コース卒業
2001-2003
四季の里ガラス工房(福島県福島市)スタッフ
2004-2009
新島ガラスアートセンター(東京都新島村)スタッフ
2009-2011
能登島を拠点にフリーの作家として活動
現在、金沢卯辰山工芸工房ガラス工房専門員


■大沼洋美
1974
石川県金沢市生まれ
1989
北陸学院高等学校中退、留学
1993
オーストラリア・シェバリエカレッジ卒業
1997
同支社女子大学英文学科卒業
1999
大阪モード学院卒業
株式会社ワールドインダストリー岡山入社、縫製を学ぶ
2001
株式会社リドー入社
2009
株式会社ヒロ在籍
2011
「デコTシャツ」金沢ブランド優秀新製品生活関連産業部門大賞受賞
2012
「100youショール」石川ブランド認定

■白岩玲子
1975
福島県生まれ
1997
大阪美術専門学校工芸科修了
2000
大阪芸術大学工芸学科卒業
2002
グループ展「金沢卯辰山工芸工房の現在」
朝日クラフト展入選、高岡クラフト展入選
2003
金沢卯辰山工芸工房修了
2004
個展「風のモナド」
2006
グラスホッパ-ギャラリー2人展
2007
朝日クラフト展入選
2011
金沢卯辰山工芸工房陶芸専門員
as BAKUギャラリー個展
「おいしいお酒」現代のうつわ展
2012
as BAKUギャラリー個展

■武部 徹
1968
石川県金沢市生まれ
1989
金城短期大学美術学科日本画コース卒業
加賀友禅作家 杉浦伸氏に師事
1995
第21回加賀友禅新作競技会 伝統的工芸品産業振興協会会長賞
1996
第20回石川県伝統産業技能奨励賞
1997
加賀友禅作家として独立
2008
伝統工芸士に認定される
2012
第39回石川県デザイン展 石川県九谷陶磁器商工業協同組合連合会理事長賞

■靏林舞美
1977
愛知県名古屋市生まれ
2003-2008
株式会社黒壁スタジオクロカベ勤務
2008-2011
金沢卯辰山工芸工房研修者
2011
瀬戸市新世紀工芸館にて制作
2012
金沢卯辰山工芸工房専門員

■永江建具製作所
1948
田鶴浜町字田鶴浜ト部79番地で木製建具の製造販売を開始
1963
YKKアルミ室内建具の加工販売を開始
1979
木製建具工場を移転新築
1991
木製建具第2工場を建設
1992
第3工場建設
1996
優良住宅部品(BL)工場の認定を取得

■西山芳浩
1979
愛媛県生まれ
1997
ザ・グラススタジオ・イン函館スタッフ
1998
株式会社SUWAガラスの里スタッフ
2001
株式会社播磨ガラス工房インストラクター
2003・2005
テーブルウェア大賞優秀賞
2003・2004・2006
日本クラフト展入賞
2004
金沢卯辰山工芸工房研修者
2007ー
金沢牧山ガラス工房を拠点に活動

■松村峰彰
1973
信州大学繊維学部機能高分子科卒業
1974
一村産業株式会社入社
1983
東レ株式会社に出向
1985
一村産業株式会社へ複社
2000
先端材料(炭素繊維、アラミド繊維)事業の立ち上げ
2002
北陸先端複合材研究会会員
2010
石川炭素繊維クラスター参画

■三原愛子
1986
三重県生まれ
2010
金沢美術工芸大学工芸科卒業
金沢卯辰山工芸工房入所
第66回金沢市工芸展金沢市長奨励賞
工藝都市高岡2010クラフト展入選
2011
第5回酒の器展入選
第67回金沢市工芸展入選
工藝都市高岡2011クラフト展 生活者が選ぶ消費者賞
2012
ビアマグランカイ9 佳作 

design_re04.jpg
花鏡(靏林 舞美)    コンポート 大・小 銀箔 切廻し
   コンポート 中   金箔 切廻し
   (一村産業株式会社 松村 峰影)
※コンポート大 銀箔切廻しの展示はありません。

2013.06.01 Traditional Art & Craft of Ishikawa

ゆかたと型紙

会 期:
2013年7月3日(水)- 2013年7月31日(水)
展示室:
1F エントランスホール展示スペース、2F 第4展示室
作品数:
ゆかた15点、型紙 50点、資料 4点

夏に相応しい「ゆかた」を取り上げ、石川県内で僅かに1軒残るだけとなってしまった型紙を用いて
手染めをしている坂口染工場の仕事を、テーマごとにPart 1とPart 2にわけて紹介します。

伝統工芸品は、新たな使い手を獲得する事でしかその技術を後世に継承していけません。
その為には、作り手が魅力ある製品を提示し、同時に消費者に対して新たな使い方を提案していく
ことが必要です。
市場のニーズの多様化や嗜好の変化に対応していくことがまさに求められていると言えましょう。
ゆかたに限ってみると、若い世代の人達の実際の着こなしは、個人的な好き嫌いは別として、すでに既存の枠を超え、自由に楽しむという域に達していると言っても過言ではありません。
「少し発想を変えればもっと自由にゆかたを楽しむ事ができる」― 工芸館からの提案です。

Part 1 (1F) 「ゆかたを楽しむ」
最近の若い世代の方々のゆかたの着こなしを見ていると、一昔前とは違い自由に様々なアイテムを
組み合わせ、自分らしくゆかたを楽しんでいます。彼らの着こなしはもはや「ゆかたは着物」という感覚ではなく、洋服の延長の様にも思えます。
Part 1では、自分の感性でゆかたを普通に楽しんでいる普通の若者の姿をゆかた地と共に紹介
します。(写真の方々はモデルではなく一般の普通の方々に協力して頂きました)
Part 2 (2F) 「ゆかたと型紙」
手染めのゆかたとその制作に使われている型紙を型染めの制作工程と共に詳しく紹介します。
最近では、型紙を使って手染めをする職人さんの減少とともに、紙を漉く職人さん、型紙用の紙を
作る職人さん、型を彫る職人さん、駒べらなどの道具を作る職人さんの激減により、品質の良い材料や道具の入手が非常に困難になってきています。
坂口さんが型染めに使っている型紙は、主に明治・大正・昭和初期に手彫りで制作されたもので、
そのうちの50枚を、型を使って手で染め付けた熟練の技が光るゆかたや坂口さん所有の貴重な型紙
見本帳などと共にご覧頂きます。

kata_main05.jpg

<坂口幸市さんプロフィール>
祖父、中儀延氏(石川県重要無形文化財技術保持者)の唯一の後継者として、古くから金沢に伝わる細密な型紙による小紋を制作している。特に、二枚の型紙で一つの紋様を作る「二枚白小紋」が特徴的である。

1944年
長野県に生まれる
1962年
祖父、中儀延に弟子入り
1978年
第19回石川の伝統工芸展 初入選(以後連続入選)
1981年
28回日本伝統工芸展 初入選 奨励賞
(石川県立美術館買い上げ)
1982年
第38回金沢市工芸展 初入選 金沢市商工会議所会頭賞
(以後連続入選)
第19回日本伝統工芸染織展 初入選(以後連続入選)
1983年
日本工芸会正会員
1990年
第31回石川の伝統工芸展 北國新聞社長賞
1991年
第47回金沢市工芸展 金沢市長最優秀賞
1992年
第33回石川の伝統工芸展 石川県知事賞
1998年
第39回石川の伝統工芸展 特賞
2000年
第37回日本伝統工芸染織展 文化庁長官賞
2002年
第43回石川の伝統工芸展 特賞
2009年
金沢市伝統産業貢献者表彰
第50回石川の伝統工芸展 第50回記念石川の伝統工芸展大賞
2011年
石川県伝統産業優秀技術者功労者表彰
2013年
第69回現代美術展 最高賞(石川県教育委員会会長賞、技術賞)
現在、金沢市で息子の裕章さんとともに加賀染小紋作家として制作を行っている。


2013.07.03 Traditional Art & Craft of Ishikawa