ホーム > プログラム > ニュース

2013年

木の幾何学

会 期 :
 2013年2月1日(金)- 2013年3月27日(水) (最終日は15:00まで。)
展示室 :
 1F エントランスホール展示スペース、2F 第4展示室
作品数 :
 約75点
出展者 :
 一花俊一、遠藤 毅、岡野 繁、庄田正従、立川美治、多村正則、広崎和雄、松井裕志、 松井良雄 (あいうえお順)

以前は、引き戸や欄間、衝立など、精緻な組子が日本家屋のあちこちに使われていました。
このような細工は建具職人により作られてきましたが、生活の西欧化に伴い、引き戸や欄間が消え、和室より洋室が多くなった昨今、組子の技術や技法を生かせる場がなくなりつつあります。組子がどのようなものかを知っている世代も減りつつあり、このままではせっかくの技術が人知れず埋もれてしまう恐れがあります。
組子の歴史、使用される木、道具の説明、工程、組み方のサンプルなどを通して、どのように組子を用いた作品が作られていくのかを紹介すると同時に、伝統的な幾何学模様の作品と合わせて、抽象的なデザインや風景などを写した近年の作品も展示しています。
これにより、組子の世界でも現代に合わせた作品が作られつつあることを知って頂きたいと思います。どうか、組子の素晴らしさを工芸館で再発見して下さい。

本企画展は1階と2階に分かれて展示されています。
1階:組子に使われる木材や道具、様々なデザインパターンを作品と共に紹介します。
2階:様々な組子の作品を紹介します。

kumi7.jpg
<出展者からのメッセージ>
私たちの身の回りの日用品は今やそのほとんどがプラスチックや金属に取って代わられました。
かつては、爪楊枝から家屋や橋梁までもそのほとんどが木製で、木は実用品の材料として我々の生活には欠かせないものでした。やがて生活に余裕が出てくると木工技術の発達と相まって装飾的な部分にも木が使われ出したと考えられます。
その手法の一つが障子の桟に見られる「組子」(くみこ)と呼ばれる細い木材を幾何学的に組みあげる技法です。もともとは 障子紙や襖紙(ふすまがみ)を張るための骨組みに過ぎませんでしたが、色々な組み方を開発し、長い年月をかけ装飾品としての価値を高めていきました。
この企画展ではここ金沢、ひいては石川県下で組子細工を手がける作家や職人の作品を集めました。城下町や神社仏閣、商家の多い土地柄で伝承開発されてきた組子の技をご覧下さい。同じ物を作る場合でも作り手によって使う工具や手順が違います。
私たちの生活の中に組子細工を身近に置いて技の伝承が末永く続くことを切に願います。手にとって体験できる部材も用意しました。ぜひここで組子の良さ、おもしろさを発見して下さい。

<出展者プロフィール>(あいうえお順)
◆一花俊一 (IKKA Toshikazu)

 1936年
 石川県七尾市(旧田鶴浜町)生まれ
 1954年
 建具職に従事
 一花建具店代表。若くから県外の商圏に見聞を持って田鶴浜建具の技の発展に貢献する  田鶴浜建具の重鎮。この地区の特徴である重厚なカシュー塗装でもエキスパート。
 組子を活用した新しい商品開発にも積極的に努めている。

◆遠藤 毅(ENDO Takeshi)
 1959年
 石川県七尾市(旧田鶴浜町)生まれ
 1980年
 建具職に従事
 建具の遠藤代表。県内で唯一、全国建具展示会での最高賞「内閣総理大臣賞」を究めた
 その技で、古民家、寺の建具修復等、また、組子行灯や衝立でも緻密な技を披露してい  る。近年では輪島塗とのコラボレーションも手掛け話題となった。

(受賞歴)

 1988年
 第1回建具フォーラム展示会 石川県知事賞
 1989年
 第2回建具フォーラム展示会 石川県知事賞
 1991年
 全国建具展示会・上尾市長賞
 1992年
 全国建具展示会・大野市長賞
 1993-95年
 全国建具展示会3年連続労働大臣賞
 1996年
 全国建具展示会・技能名工賞
 1997年
 全国建具展示会・労働大臣賞
 卓越技能者労働大臣賞(現代の名工)
 1999年
 全国建具展示会・内閣総理大臣賞
 2000年
 全国建具展示会・林野庁長官賞

◆岡野 繁 (OKANO Shigeru)
 1955年
 石川県七尾市生まれ
 1970年
 多村建具製作所に就職
 1985年
 独立し、岡野建具工芸を設立
 1994年
 TV時代劇「水戸黄門」にて組子の実演
 1995年
 紀宮様が田鶴浜建具工業協同組合にご来館になられた際、組子の実演を行う

(受賞歴)

 1997年
 全国建具展示会・群馬県技能士連合会会長賞
 2000年
 全国建具展示会・愛知県市長会会長賞
 2002年
 全国建具展示会・全国技能士連合会会長賞

◆庄田正従 (SHODA Masatsugu)
 1946年
 石川県金沢市生まれ
 1965年
 建具職に従事
 1999年
 金沢職人大学校建具科講師に就任
 
  現在は、建具師として活躍しつつ、石川県職人大学校建具科の講師も務めている。

(受賞歴)

 2003年
 全国建具展示会・滋賀県知事賞
 2005年
 卓越した技能者(現代の名工)表彰
 2007年
 全国建具展示会・富山県職業能力開発協会会長賞事
 2009年
 全国建具展示会・熱海商工外偽書会長賞
 2011年
 全国建具展示会・岐阜県山形市長賞

◆立川美治(TATSUKAWA Yoshiharu)
 1962年
 石川県七尾市(旧田鶴浜町)生まれ
 1983年
 建具職に従事
 立川建具代表。機械工学を学んだその足で家業の建具屋に転進。障子専門職人であった
 が、近年になって設計士やデザイナーが好む曲線や斜め組子の障子や格子、ガラス戸を
 手掛ける。コースターや写真立ての製作も多い。

(受賞歴)

 1988年
 第1回建具フォーラム展示会 田鶴浜町長賞
 1989年
 第2回建具フォーラム展示会 商工会長賞
  石川の技能祭り 優秀賞4回

◆多村正則 (TAMURA Masanori)

 平成元年、専門学校の建築デザイン科を卒業し家業を継ぐために多村建具製作所に就職。

 2002年
 木製建具の1級技能士取得
 2009年
 自社開発商品の影絵障子で石川ブランドの認定を取得

(受賞歴)

 1999年
 全国建具展示大会に入賞
 2011年
 全国建具展示大会に入賞
 2012年
 七尾市技能奨励賞

◆広崎和雄 (HIROSAKI Kazuo)
 1973年
 石川県小松市生まれ
 1995年
 広崎建具で建具の仕事に携わる
 小松建具組合青年部に加入
 2002-2006年
 小松建具組合青年部青年部長を務める

◆松井裕志 (MATSUI Yuuji)
 1966年
 石川県河北郡七塚町生まれ
 1984年
 金沢高等技術学校卒業後、建具修行に入る
 1998年
 国家検定建具製作一級技能士資格取得
 2002年
 灰外達夫氏に師事

(受賞歴)

 1999年
 全国建具展・労働大臣賞
 2002年
 全国建具展示会・東北ブロック協会長賞
 2005年
 第52回日本伝統工芸展入選
 2002年から2012年まで
 石川の伝統工芸展連続入選
 2002年から2012年まで
 現代美術展連続入選
 2007、2009、2011年
 木竹展入選

◆松井良雄 (MATSUI Yoshio)
1937年 石川県金沢市生まれ
国家検定1級建具技能士。数少ない金沢建具継承者として石川県より認定されている。
21歳の時、「松井建具」創業者・松井仁作より家業を引き継ぐ。現在は建具の他、オーダー家具、
木工品、茶道具などを製造販売している。77歳ながら現役で、日々新しいモノ作りに励んでいる。

(受賞歴)

 1999年
 全国建具展示会・労働大臣賞
 2002年
 全国建具展示会・東北ブロック協会長賞
 2005年
 石川県技能顕功賞
 
 石川県伝統産業金沢建具優秀技術継承者と認定される
 2007年
 金沢城兼六園大茶会「隅丸筤盆」入選
 2008年
 現代美術展「桑造挽曲茶櫃」 入選
 2009年
 現代美術展「桑造二段卓」 入選
 金沢城兼六園大茶会「神代栗造松皮風風炉先」入選
          「神代栗造櫛型風炉先」奨励賞



◆ 併催イベント 

「組子の基本技法を使って作るコースターと鍋敷き」ワークショップ

本企画展出展の建具師さんに組子細工を教えてもらう絶好のチャンスです。コースターや鍋敷きの製作を通して、組子の楽しさと難しさをちょっぴり味わってみて下さい。

日 時:
 3月17日(日) 13:30-15:30
 上記期間内でご都合の良い時間にご参加ください。
 (1つの作品を組むのにかかる時間はおよそ20分です。)
場 所:
 工芸館1F
講 師:
 出展者建具師の皆さん
参加費:
 コースター ¥1,000(材料費)/ 鍋敷き ¥1,500(材料費)
予 約:
 不要です。直接工芸館へお越し下さい。


kumi2.jpg

左:コースターのサンプルです。 右:組子のUSB。ショップで販売中。

2013.03.27 Traditional Art & Craft of Ishikawa

木目の宇宙、木目の景色

会 期 :
 2013年4月2日(火)- 2013年5月30日(木) ※最終日は15:00まで。
展示室 :
 2F 第3展示室
作品数 :
 約40点


kiri1.jpg

石川の伝統的工芸品36業種の1つでありながら、なかなか企画展で取り上げる機会のなかった石川の桐工芸を見て頂く企画展です。桐の特徴、製造工程、制作者を紹介するとともに出展3工房が工夫を凝らした幅広い作品をご覧に入れます。

若い世代の方々には段々と馴染みがなくなってきた「桐」について知って頂く入門編として、今回の企画展では主に次の4点を中心に見て頂く構成となっています。
1.桐の特徴とは?
2.なぜ焼くのか?
3.その様な特徴を生かしてどのようなものが作られてきたのか?
4.新しい作品にはどのようなものがあるのか?

どうかゆっくりとご覧いただき、「桐」の良さを再発見して頂きたいと思います。



kiri2.jpg

<出展者によるそれぞれの工房の紹介>(あいうえお順)
   
□ 岩本清商店(いわもときよししょうてん)
  1913年創業、今年100周年を迎える桐工芸専門の工房+店。
  金沢駅にほど近い下町・瓢箪町の路地裏にあります。
  古くて小さな工場にて、家族で制作・販売しております。
  ろくろで挽いた桐火鉢はもとより、ちょこっとトレーやコーヒー豆スプーン、
  金沢のあたらしい郷土玩具「てるてる」など、
  現代のふだんの生活で使いやすい品物を制作しています。


□ 桐漆工芸 上坂
  上坂は昭和10年頃までは山中町にて山中漆器を製造していましたが、
  先代より金沢にて桐工芸を始めました。
  特徴は指物師、蒔絵師による引き出し物・小箱類です。
  平成24年より木象嵌技術を応用した品も作り始めました。


□ 廣瀬桐工芸
  亡き父の常吉(伝統工芸技術者)がこの仕事を始めました。
  私は昭和38年からこの仕事に入り今日迄来ました。
  私の所は製造・卸業です。製品は、花器・菓子器・達磨・行燈・天然のテーブル・椅子・棚・
  置台・灯籠・座卓・衝立等を製作して居ります。同じ形の物は有りません。
  新商品パネル(彫刻)に励んで居ります。
  廣瀬柳一 県伝統工芸師 平成15年4月認定

<出展者からのメッセージ>
桐工芸の源流は桐火鉢で、起源は江戸時代と考えられます。
桐の木は軽くて割れにくく、耐火性、耐湿性に優れています。それらの特性を活用して、今では3社となった廣瀬、岩本、上坂の各工房は現代に合った品を作り続けています。
桐工芸は昭和63年、石川県の伝統的工芸品に指定されました。
木目や独特の錆上高蒔絵を使った3社の桐工芸をご覧下さい。(上坂審一)

2013.04.02 Traditional Art & Craft of Ishikawa

「異種接合」

会 期 :
2013年5月2日(木)- 6月30日(日)
展示室 :
2F 第4展示室
作品数 :
99点
協 力 :
清峰堂株式会社、株式会社 玉川堂、株式会社 能作
山久漆工株式会社


清峰堂・清水則徳氏が3年の歳月をかけて開発した異素材同士を接合させる技術は、今や九谷焼というやきものの枠を超え、木や金属にも応用されています。そうして生み出された製品は、新しい市場、新たな使い手を獲得しつつあります。
接合剤の開発や接合部分の研磨など様々な工夫と技術開発を進める原動力となったのは、「使ってもらえるものを提供する」、「使い手にとって魅力的な製品を提供する」という想いでした。
本企画展では、伝統という枠にとらわれず、地域を超えて、異なる素材を用いて新たな製品開発に挑戦している作り手を紹介し、その製造工程や製品をご覧いただきます。

本企画展では、接合技術を使った以下の製品群を紹介しています。
<脚の部分の製作者>
・九谷焼の脚 + ガラス(石川県・清峰堂)
・木の脚 + ガラス(石川県・大島東太郎商店、福井県・山久漆工)
・スズの脚 + ガラス(富山県・能作)
・銅の脚 + ガラス(新潟・玉川堂)
・ブラスの脚 + ガラス(東京)
<ガラス部分>
製品によりメーカーが異なっており、東洋佐々木ガラス(東京)、松徳硝子(東京)、 カガミ
クリスタル(東京)、廣田硝子(東京)、ハピネスサンタ(金沢)のグラスが使用されています。

出展者による製品紹介
□ 「九谷和グラス」(清峰堂)
「九谷和グラス」は、石川県が誇る伝統工芸の「九谷焼」と東京に古くから伝わる地場産業の「江戸硝子」を融合させてできたグラスです。
コンセプトは「和・洋空間を自然につなぐ」グラスです。九谷焼磁器で出来た脚部分の絵付けは全て手描きにこだわり、グラス部分の硝子も全て手作りの吹き硝子のみを用いております。吹き硝子の特長である気泡も見られるなど、工業硝子にはない風情を感じていただけることと思います。
接合部の強度が母材破壊レベルに達していることが高く評価され、2006年度グッドデザイン賞(新領域デザイン部門)を受賞いたしました。

□ 鎚起銅器 ワイングラス(玉川堂)
ルイヴィトン・グループ、世界最高峰のシャンパンメーカー「KRUG(クリュッグ)」と「玉川堂」のコラボレーションでシャンパンクーラーを開発し、現在、フランスを中心とした世界の高級レストランなどで使用されております。さらに欧州市場を開拓すべく、ワイン関連の商材を増加させようと、銅製ワイングラスの開発を企画しました。しかし、銅ではワインの色が見えないという欠点があるため、九谷焼とガラスの接合を商品化していた清峰堂の清水社長へご相談したところ、銅器とグラスを接合させる接着は可能とのお返事をいただき、以来、接着は清峰堂さんにて行なっています。
銅器とグラスを接着させたワイングラスは、欧州の国際見本市にも出展し、世界のワイン業界から高い評価を得ています。今後、さらにワイングラスのバリエーションを増やし、欧州を中心とした世界の高級レストランやバーをターゲットとした市場開発を行ない、ワインを通じて、日本の伝統文化を伝えて行きたいと思っております。

□ Tin-Cry Glass(能作)
Tin-Cry Glassとは錫を曲げたときに発するピキピキという音「錫泣き」の英語表記です。
能作では純度100%の錫を用いたおもしろい器を作っています。錫は金属の中でも柔らかく、手で簡単に折れ曲げることができるほど。
本来、金属としては柔らかいということはデメリットであるはずだが、その錫の特性を活かし形を自由自在に変形できる籠や、使っているうちに手のかたちに馴染むグラスなど、画期的な逆転の発想により商品が生みだされています。今や海外からも注目されています。錫は、酸化しにくく抗菌作用が強いという特性を持ち、金属アレルギーにもなりにくい素材です。また、錫の器に入れたお水は何日も腐らない、お酒の雑味が抜けておいしくなるとも言われ、古くから茶器や酒器などにも使われることが多い素材です。
九谷焼磁器と江戸硝子を融合させた「九谷和グラス」の清峰堂が、その接合技術を応用し、能作製の錫100%の脚に硝子を組み合わせてグラスを作成しました。まっすぐ立っている時にはクールな佇まいを感じさせますが、少し曲げるとコミカルな表情になり、遊び心が感じられるグラスです。

□ JAPAN Glass(山久漆工)
九谷和グラスの接合技術による硝子×漆器・JAPANのコラボレーション。
「JAPAN Glass」は、お椀の生地づくりのろくろ技術により製作した脚部に伝統の越前塗りを施し、九谷焼磁器と江戸硝子を融合させた「九谷和グラス」の清峰堂の接合技術を応用して 硝子を組み合わせて完成させた、日本が誇る伝統技術の結晶ともいえるグラスです。脚部分の素材が天然木ならではの軽さと丈夫さ、手にしたときの心地よい温もり、漆や蒔絵、金箔など日本の職人技で仕上げた「JAPAN Glass」を末永くお楽しみください。

□ Brass☆Glass
ステム部分は真鍮をひとつひとつ削り加工とプレスにより成形しております。
なにより真鍮では類を見ない厚み(2mm)を持たせ、そこに14金メッキを施すことにより、高級感のあるグラスに仕上げました。
Brassは「真鍮」の英語表記です。

glass_sc2.jpg

2013.05.02 Traditional Art & Craft of Ishikawa