ホーム > プログラム > ニュース

2012年

「どん!」

(左) 楽鼓(がっこ) (右) 月鼓(げっこ) 


会 期 :
 2013年1月5日(土)- 2013年1月30日(水)
展示室 :
 1F エントランスホール展示スペース
作品数 :
 約17点
協 力 :
 株式会社浅野太鼓楽器店

太鼓は、石川県の「希少工芸」のひとつとなっています。
そんな太鼓をよく知っていただくために、今回の企画展では太鼓を一貫生産している株式会社浅野
太鼓楽器店の協力を得て、太鼓作りに関する基礎知識-代表的な材料、道具、工程、種類-を実物と
ともに紹介します。また、太鼓の胴がどのようになっており、それによってどのような音が出るのかを見ていただけるよう、皮張り前の実物も展示しています。誰でも知っている「太鼓」という楽器のあまり知られていない製造工程や良い音の出る工夫を知ることにより、太鼓をより身近に感じていただきたいと思います。

<浅野太鼓楽器店紹介>
浅野太鼓は、江戸時代初期の慶長十四年(1609)、加賀藩主前田家の招請を受け播磨の国(現在の兵庫県南部)から北陸に移ってきた太鼓師・播磨屋左衛門五郎が、石川村福留(現在の白山市福留町)にて創業しています。
原木の伐り出しにはじまり、胴づくり、漆塗り、革張り、最後の鋲留めに至るまで、すべての工程を一貫して熟練した職人が、創業時から受け継がれている伝統の技を用いて製造しています。

taiko04.jpg        皮張りの見本            昔の太鼓作りの様子を描いたイラスト



◆ 併催イベント 

January ミニ・コンサート at 工芸館 vol. 20 & 21 「和太鼓を楽しもう!」

今年の工芸館ミニ・コンサートは、和太鼓で幕を開けます。
このミニ・ライブは現在行われている和太鼓の企画展「どん!」のプログラムの一環として行われるものです。太鼓についての話やそれぞれの太鼓の音色をお楽しみ下さい。

日   時:
 1月19日(土)・27日(日) 13:00-13:20
場   所:
 工芸館1F
演   奏:
 夢み隊
参   加:
 無料
プログラム:
 19日 長胴太鼓7台による演奏
   27日 大太鼓、長胴太鼓、締め太鼓を使った10人による演奏


<夢み隊 プロフィール>
白山市を拠点とする太鼓づき、祭りづきの30代~70代の老若男女が集まる和太鼓チーム。

2012.11.25 Traditional Art & Craft of Ishikawa

(財)石川県デザインセンター選定商品展「いしかわの伝統と新しい感性」

会 期 :
 2013年1月5日(土)- 2013年2月27日(水)
展示室 :
 2F 第3展示室
作品数 :
 38点

(財)石川県デザインセンターでは、石川のものづくりの伝統を受け継ぎながら時代のニーズを捉えたデザインの優れた商品を選定して、販路拡大などの支援を行う「石川県デザインセンター選定商品」事業を毎年行っています。「いしかわの伝統と新しい感性」というテーマのもとに、新しい生活を提案する魅力的な作品を紹介します。

<出展者> (あいうえお順)
◆伊野功一
 1974
石川県能美市生まれ
 1996
日本大学経済学部卒業後、語学留学のため渡米
 1997
陶磁器卸商社(株)アイトー入社、百貨店部門を担当
 2000
九谷焼の製造と美術品や食器等の卸を営む伊野正峰(株)入社

◆うつわわいち
 2000
うつわわいちオープン
 漆器を始め陶磁器、ガラス、布など、普段使いの器を中心に全国各地の作家の作品を紹介。
 古典・企画展も随時開催。

◆太田正伸
 1963
石川県鳳珠郡能登町生まれ
 1986
友禅作家白坂幸蔵氏に師事
 1990
石川県同党産業技術奨励者表彰
 1997
工房文庵開設、石川の伝統工芸展 初入選
 2004
第26回加賀友禅技術保存会 銅賞
 2008
伝統工芸士に認定、石川の伝統工芸展 奨励賞
 2010
「平成友禅商店」出品(金沢白鳥路ホテル)
 2011
第33回伝統加賀友禅工芸展 銅賞

◆竹内瑠璃
 2006
京都伝統工芸専門学校(現・京都伝統工芸大学校)卒業
妙泉陶房にて山本長左氏に師事。以後4年間陶磁器絵付けを学ぶ
 2010
石川県立九谷焼技術者自立支援工房に入所、現在に至る
 2011
ニューヨークでのグループ展出品

◆中村 功
 1977
石川県デザイン展 優秀賞
 1982
金沢四百年国債工芸デザイン交流展出品
 1984
石川県デザイン展 県知事賞
 1985
国際デザインフェア '85 金沢出品
 1992
独立工房<中村陶房>・小展示場開設
 2000
石川県デザイン賞 金賞

◆長田公美子
 石川県白山市生まれ
 1985
白山市の北島結納店で水引に出会う
その後、北島結納店で水引の基礎を学び、独立
 1996
天徳院にて個展開催
 2007
水引細工教室を開く
 2009
「謹賀新縁」に出品
 2010・2011
 「金沢からお正月」(東京銀座松屋)出品

◆畑 学
 1997
有限会社畑漆器店に入社
 1999
「卯之松堂」ブランドとして商品開発を開始
 2002
卯之松堂ブランド第一弾「シェルボールシリーズ」が日本クラフト展入賞
 2003
「シェルボールシリーズ」がテーブルウェア・フェスティバル最優秀賞
および東京都知事賞受賞
 2004
「シェルボールシリーズ」がグッドデザイン賞受賞
 2005
密閉力のある独自デザインの「キャニスターシリーズ」を開発
 2008
卯之松堂2nd ステージとして「HASU」シリーズを開発
 2009
「挽割りカトラリーシリーズ」が石川ブランドに認定

◆久恒俊治
 1987
「加賀友禅 工房久恒」設立
 1995
木に手描きで友禅を施した「友禅夢樹」が石川県新技術開発交流展で金賞受賞
石川ブランドに認定
 2002
全国伝統的工芸品公募展に行灯(友禅夢樹)、ガラス皿(クリスタル友禅)入選
 2006
中小企業技術交流展にて友禅のシートが石川ブランド・金沢ブランドに認定される
 2008
金箔に手描きで友禅を施した「金箔友禅『雅』」が石川ブランドに認定される
 2009
石川県デザイン展にて友禅テレビボード「せせらぎ」入賞

◆松川明日香
 1980
北海道札幌生まれ
 2004
北海道教育大学教育学部札幌校・芸術文化課程美術コース卒業
 2005
金沢卯辰山工芸工房入所(2008年修了)
 2007・2009
 伊丹国際クラフト展「ジュエリー」入選
 2008・2010
 日本ジュエリーアート展入選
 2009
朝日現代クラフトコンペ入選
 現在金沢市に置いて制作活動中

senta1.jpg
      長田公美子さんの作品               中村功さんの作品

2012.11.25 Traditional Art & Craft of Ishikawa

玉繭変身物語 -カイコから牛首紬へ-

会 期:
 2012年11月30日(金)- 2012年12月30日(日)
展示室:
 1F エントランスホール展示スペース、2F 第3展示室
作品数:
 約120点
協 力:
 石川県牛首紬生産振興協同組合


全国の伝統織物産地の中でも一企業の中で糸作りから織りまでの全工程を一貫して行う体系を持っているところは極めてめずらしく、その特徴を生かし、本企画展では、牛首紬製作の全工程に渡って
その実際をパネルや模型を使って分かりやすく紹介します。
又、牛首紬の原材料である玉繭については、これが牛首紬の特徴となる重要な役割を果たすため、普通の繭から引き出された糸との比較を通じて、詳しい説明をしています。

本企画展は以下のような2部構成となっています。

Part 1:
牛首紬の原料や道具、製作の実際とその作品を紹介しています。
(1Fエントランスホール展示スペース)


book-mat.jpg


Part 2:
Ushikubi Tsumugi Stripe Gallery (牛首紬ストライプ・ギャラリー)
ごく少量しか生産されていない先染めの糸を用いて製作した縞柄の生地を一堂に集めたギャラリー。従来の着物の用途から一歩前進して、テキスタイルとして幅広い用途に使っていただけるよう製作した広巾のものも紹介しています。(2F第3展示室)
stp.jpg
Ushikubi Tsumugi Stripe Gallery
展示室の壁を埋め尽くす牛首紬。アンティークの椅子に座って心いくまで鑑賞できます。
もちろん、お気に入りがあれば購入できます。


本企画展は、牛首紬を着物地という観点からではなく、テキスタイルとして取り上げた企画展です。ぜひ牛首紬の新しい可能性を工芸館で体感して下さい。

<生産者からのメッセージ>
牛首紬。
この不思議な名前は、生産地である石川県白山市・白峰の旧地名(牛首村)に由来しています。

霊峰白山の麓に位置する典型的な山村で、冬になると積雪が3~4メートルにもなる日本有数の豪雪地帯です。一帯は傾斜地で耕地が少なく、古くから出作りという農業形態が発達しました。これは、集落から少し離れた山間部に小屋を持ち、春になるとそこへ移り住んで雑穀農業を行い、晩秋に収穫物を持って家に帰るというものです。 これらの人々にとって重要なものが養蚕でした。
貴重な現金収入の手立てとして必須の作業で、生糸にするための上質な繭が売買され、それ以外はくず繭として扱われました。このなかに、2頭の蚕が共同で1つの繭を作る「玉繭」があり、これを主として織られてきたのが牛首紬です。

雪に閉ざされる長い冬、女たちは糸を紡ぎ、機を織りました。
暖かな春を夢見るように、いとしい人を思うように一心に。

それは世代から世代へと時を越えてつながり、伝えられてきました。自然を生かし、自然に生かされるという環境の中で、山村特有の暮らしを営んだ山の民たち。そんな彼らが育んだ山の文化の一つが牛首紬なのです。

2012.11.27 Traditional Art & Craft of Ishikawa