ホーム > プログラム > ニュース

2012年

ひいおばあちゃんの帯 - 明治・大正・昭和初期の意匠を見る -

会 期:
 2012年10月2日(火)- 11月28日(水)
展示室:
 1F エントランスホール展示スペース、2F 第4展示室
作品数:
 帯47点、着物1点


工芸館では、石川県の一般のご家庭で大切に受け継がれてきた品物をお借りして展示する企画展を毎年1回行っています。 2010年の花嫁・花婿のれん、2011年の郷土玩具とお人形、そして2012年、今年ご覧いただくのは、ひいおばあちゃんからおばあちゃんへ、おばあちゃんからお母さんへと、大切に受け継がれてきた帯の数々です。
明治時代の帯を中心に第2次世界大戦前までの帯を展示し、その斬新な構図やデザインをお楽しみいただくとともに、20代のデザイナーが帯の柄をもとに制作したデザインも併せてご覧いただきたいと思います。
伝統に新たな命を吹き込むことで次代につなげていく、これもまた、伝統工芸を死語にしないための大切なチャレンジだと思います。

今回展示されている帯にはそれぞれ出品者のコメントが添えられています。それらを読むと、100年前の女性達は、着物や羽織を帯に作り替えたり、形見の帯を半巾帯にして姉妹で分けたり、「大切に使い継ぐ」という事にこだわり続けてきたことがよくわかります。物があふれている今だからこそ、この企画展が「使う」ことの意義を問い直す機会となることを願ってやみません。

obi2.jpg


<協力>
帯を貸していただいた方、および帯を結んで下さった方々
秋山一代、芦原登志子、上坂ユリ、江尻召子、大村裕子、岡田 香、加藤あゆみ、 加藤佐智子、
加藤 瞳、勘村春美、栗原毬子、桜庭智尋、篠井美智子、橘 藤尾、 中井益子、中 和子、
中道香苗、仲本慶子、前田和美、松下和枝、南中真亀子、 宗田淑子、村中美奈子
(敬称略、アイウエオ順)

帯の柄をもとにしたデザイン: 山本 星

◆ 併催イベント

帯結びワークショップ「一人で結ぼう!」

中 和子礼法きもの学院の講師の方々に協力をいただき、二重太鼓と名古屋帯の結び方を教えてもらう。タンスに眠っているひいおばあちゃんやおばちゃんの帯にぜひ日の目を見せてあげて下さい!



日にち:
 10月6日(土)・7日(日)、13日(土)・14日(日)、20日(土)・21日(日)、27日(土)・28日(日)、11月3日(土)・4日(日)
時 間:
 各日とも13:30-15:00までの間でお好きな時間にご参加下さい。
場 所:
 工芸館1F
講 師:
 中 和子礼法きもの学院の講師の方々
体験内容:
 1人で結べるように、二重太鼓と名古屋帯の結び方を学ぶ
参加費:
 無料
予 約:
 不要。直接工芸館にお越しください。


2012.09.24 Traditional Art & Craft of Ishikawa

川北と仁行 - 想いを漉く -

会 期:
 2012年10月4日(木)- 11月27日(火)最終日は15:00まで
展示室:
 2F 第3展示室
作品数:
 約40点


本企画展では、加賀の手漉雁皮紙と能登の仁行和紙を紹介します。

加賀地方では、平安時代から和紙が漉かれていたと言われています。その生産が盛んになったのは江戸時代以降で、本企画展で紹介する加藤和紙も19世紀の初めから現在に至るまで紙漉きを続けてきました。雁皮紙は耐久性に優れ、なめらかで光沢があり、古くから金・銀の箔打ち紙や西陣織の台紙として使われてきました。現在ではそのほかに修復用にも利用されています。原料となるガンピは落葉低木で、栽培が困難なため、自生したものを採集して生産しています。

能登仁行和紙は、戦後、遠見周作さんによって始められた創作和紙です。杉の皮を原料とした「杉皮紙」がその代表的な作品で、壁紙として使用されていましたが、現在では後を引き継いだ京見さんにより奥能登の自然を具現化している和紙が制作されています。「海」、「山」、「植物」、「食」のテーマのもと、それぞれ地元に自生する草花や木の葉、土や貝殻、海草、小豆などを漉きこんだ和紙には独特の風合いがあります。

加藤さんの雁皮紙も遠見さんの創作和紙も、それぞれの特徴を生かし、現在では幅広い用途に用いられています。本企画展では、雁皮紙のバック、仁行和紙は和紙そのものをご覧いただきます。どちらも県内では唯一の作り手の作品です。どうぞごゆっくりとご覧下さい。

<出展者紹介>
加藤和紙:
 1973年に亡くなった初代市兵衛さんからスタートした加藤和紙は、現在まで加賀雁皮紙を漉き続けてきた。大正末期頃からは箔打ち紙を作っていたが、近年では様々な用途の紙を漉くなど、新たな商品開発にも取り組んでいる。
遠見京美さん・和之さん:
 昭和24年頃、遠見周作さんによって創作されたスギを原料とした手漉き和紙「杉皮紙」は、紙漉きを引き継いだ娘の京美さんとその息子さんの和之さんによって作り続けられている。杉皮紙以外にも「植物」、「海」、「山」、「食」のテーマで、山野草や穀類、海草、貝など様々な素材を漉きこんだ手漉き和紙を制作している。


<能登仁行和紙>
杉やあすなろの山林に囲まれた奥能登三井町で、先代遠見周作が創案したのが仁行和紙です。その代表作とも言えるのが、杉の皮を使った「杉皮和紙」と呼ばれる作品です。元々は戦時中に中国の竹を使っての紙漉きを見たことからヒントを得て、野生の楮で漆器を包む和紙作りから始めたところ、製材所に置かれた杉の木の皮を目にし、杉皮での和紙漉きを思い立ちました。試行錯誤の末に、ようやく木の皮の繊維を生かした素朴かつ大胆な「杉皮和紙」が生まれました。現在はさらに能登の自然な風合いが生かされた、草花や貝などを漉きこんだ作品や染め紙等、創作和紙として、書はもとより、壁紙、襖紙、工芸品用等、多様に用いられています。(遠見京美)

◆ 併催イベント

手漉き和紙ワークショップ「My 手漉きハガキを作ろう!」

普段はメールで済ませてしまうやり取りを、手作りのはがきでしてみてはどうでしょう。
作って楽しく、もらってうれしい植物を漉きこんだ手漉きのはがきを一緒に作りましょう。



日 時:
 10月20日(土)・11月24日(土)
 両日とも10:00ー12:00/13:00ー15:00
場 所:
 工芸館1F
講 師:
 加藤和紙製作所のみなさん
内 容:
 様々な花や植物を漉きこんだポストカード制作
参加費:
 ¥525(材料費)
予 約:
 不要。直接工芸館へお越しください。


2012.09.24 Traditional Art & Craft of Ishikawa

加賀繍 A to Z

会 期:
 2012年11月30日(土)- 2013年1月30日(水)
展示室:
 2F 第4展示室
作品数:
 55点
協 力:
 石川県加賀刺繍協同組合


加賀繍の作品を見たことがある方でもそれらがどのように制作されているのかを知っている方は少ないように思われます。
本企画展では、最初に加賀繍の技法を紹介する事から始めて、それらの技法がどのように組み合わされて作品になっているのかを見て頂きます。材料や道具、工程などを具体的に説明し、実物を紹介
する事で、具体的にどのように制作されているのかという「加賀繍」の全体像を知って頂きたいと思います。身の回りに使われている物に加賀繍を応用した作品例を数多く展示する事で、加賀繍を身近に感じてもらうとともに、「自分もひとつ欲しいな」と思ってもらえれば幸いです。

<石川県加賀刺繍協同組合からのメッセージ >
日本刺繍は1600年前飛鳥時代に朝鮮半島より伝えられ、繍仏(しゅうぶつ)から始まり着物・帯へと、日本独自の技法となって今に伝承されてきました。
絹糸は「糸の宝石」と言われるほど美しく、生地に刺繍することで、いつでもその光沢を身近に楽しむことができます。この日本刺繍が日本各地で盛んになり、この北陸の地に伝わり育ったのが、「加賀繍」なのです。

「加賀繍」は、ぼかし繍を多く用いて、やわらかい表現が特徴かと思いますが、最近では工芸士の
個性が生かされ、古典的作品や現代風を取り入れた若い感覚の作品など、表現がとても幅広く奥深い作風となっております。日頃、個々で仕事をしている工芸士たちですが、今回全員で加賀繍技法見本を作成いたしました。また、工芸士の作品も展示いたしましたので、技法見本を参考にして作品を見比べながら、加賀繍のふところの深さ、表現の広さ、個性の違いなどを感じ取っていただければ幸いに存じます。

◆ 併催イベント 

加賀繍ワークショップ 「乙女の加賀繍教室 」

クリスマスプレゼントに最適なクリスマスツリーのヘアゴムを作ります。
1つ完成させるのにかかる時間は1時間ほどです。下記の時間帯でお好きな時間にお越し下さい。

日 時:
 12月23日(日) 10:00-12:00 / 14:00 -16:00
場 所:
 工芸館1F
講 師:
 髙田千春さん(加賀繍よしが浦悦子工房)
参加費:
 ¥800(材料費)
予 約:
 必要ありません。直接工芸館へお越し下さい。




加賀繍ワークショップ 「毎日使おう加賀繍グッズ 1」

実用的な加賀繍のマグネットを作ってみましょう。
とんぼ、猫、四葉、桜等、好きな色の絹糸で模様を繍ってもらいます。
1つ完成させるのにかかる時間は30分-1時間ほどです。
下記の時間帯でお好きな時間にお越し下さい。

日 時:
 2013年1月5日(土) 10:00-15:00(受付は14:00まで)
場 所:
 工芸館1F
講 師:
 加賀繍華工房の伝統工芸士の方2名
サイズ:
 直径3cm
参加費:
 ¥500(材料費)
予 約:
 必要ありません。直接工芸館へお越し下さい。




加賀繍ワークショップ 「毎日使おう加賀繍グッズ 2」

3回目のワークショップではミニ額作りに挑戦します。
2つの大きさの額からお好きな方を選んで頂きます。
1つ完成させるのにかかる時間は約2時間ほどです。午前・午後から選んでご参加下さい。

日 時:
 2013年1月13日(日) 10:00-12:00 / 13:00 -15:00
場 所:
 工芸館1F
講 師:
 奥田恵子さん(伝統工芸士)、山田寛奈さん
サイズ:
 ① 10.5 cm x 8.5 cm  ② 7.5 cm x 7.5 cm
参加費:
 ¥1,000(材料費)
定 員:
 午前 5名 / 午後 5名
予 約:
 1月12日までに工芸館へ電話かメールでお申し込み下さい。
 TEL:076-262-2020 / Eメール:info@ishikawa-densankan.jp




2012.11.19 Traditional Art & Craft of Ishikawa