ホーム > プログラム > ニュース

2012年

「絶滅危惧種・能登上布を知ろう」展

会期:
2012年6月2日(土)ー2012年6月28日(木) 最終日は15:00まで
展示室:
1F エントランスホール展示スペース・2F 第4展示室
作品数:
約45点


中能登町や羽咋市は古くから麻織物の産地として知られており、昭和初期には100軒を超える織元がありましたが、1988年にはそれがただ1軒となり、現在に至っています。今回の企画展では、その最後の1軒となった織元、山崎麻織物工房の全面的な協力を得て、part 1 と part 2 の2部構成で、「伝統的なもの」と能登上布の「新たな試み」の両方を紹介します。

Part 1 「Traditional」では、能登上布の原料・道具・柄のデザイン・制作工程について実物を提示しながら、原料から完成までの過程を詳しく紹介し、合わせて伝統的な能登上布の作品もご覧頂きます。尚、会期中毎日、専門の織子の方が企画展会場で能登上布の織りの実演を行います。

Part 2 「Innovative」では、今年から立ち上げられる新ブランド「RAMIE EPOCH」(ラミー・エポック)の最初の作品ライン「能登上布スカーフ」を紹介します。



<能登上布織元 山崎麻織物工房 紹介>
質・量ともに日本屈指の上布の産地である能登に今日まで伝統の技を継承する最後の 織元、山崎麻織物工房。県内外から集まった若者たちに支えられ、工房では昔ながら の機音が響き渡っている。


工房の歴史
 1981年
 初代・新左衛門が能登上布の紺屋(染め屋)として創業する
 1920年
 二代目・新二が能登上布の織元「山新」として起業する
 1951年
 石川県主催の優秀織物生産競技会にて三等賞を受賞する
 1960年
 能登上布が工芸技術の部で石川県の無形文化財に指定される
 1982年
 最盛期120軒以上あった能登上布・織元の最後の一軒となる
 2005年
 石川県より「いしかわの工芸・百選」にて91通り蚊絣が優秀賞を受賞する
 2012年
 独自ブランド「ラミー・エポック」を立ち上げ、新企画商品の開発を始める
 製織者数:
 13名(出機含む)
 年間生産量:
300-400反
 主な製品:
 着尺、帯、ストール、和装小物等


< 能登上布 四代目織元 山崎 隆さんからのメッセージ >
Part 1 「Traditional」
能登上布の歴史は古く、およそ二千年前、第十代崇神(すじん)天皇の皇女が現在の中能 登地区に滞在した折、地元の民に機織りを教えたことが起源と言われます。「蝉の羽の ような」と形容される、軽さ、透け感、ハリ感は能登上布の特徴で、その涼やかな風合 いは、一度袖を通されたならばすぐにご納得いただけることと思います。また、櫛押し 捺染(くしおしなっせん)・ロール捺染などの独特な絣(かすり)染め技法や多くの製造工 程により造りだされた精緻な絣模様は、古くから盛夏の手織物として着物愛好家の方々 から絶賛を得ています。質・量ともに日本屈指の上布の産地であるここ石川県・能登に おいて、創業120年、今日まで伝統の技を継承する最後の織元のもとに、全国から能 登上布の美しさに魅せられて訪れた若者たちに支えられ、創意工夫をしながらどうにか 存続して参りました。昔ながらのこの機音を決して途絶えさせないためにも、この機会 により多くの人々に能登上布を知ってもらいたいと切に願っています。

Part 2 「Innovative」
今回新規に独自ブランド「ラミー・エポック」を立ち上げ、その第一弾商品として 能登上布・サマーストールをご紹介いたします。縮み仕上げによるソフトで涼やかな上布の風合いを是非お試し下さい。上布とは上等な麻織物のことで、その原材料である「苧麻(ちょま)」のことを英語で RAMIE (ラミー)といいます。それに、「新しい時代」という意味のEPOCH (エポック) を組み合わせて新しいブランド名にしました。19世紀末から20世紀初頭にヨーロッパを中心に開花した「アール・ヌーヴォー(新しい芸術)」と同時期、仏・パリが繁栄した華やかな時代のことを言う「ベル・エポック(良き時代)」という言葉からのインスピレーションでした。伝統を継承しつつ、従来の様式にとらわれない、現代の生活スタイルにマッチした商品作りを目指しており、能登上布の新時代を切り開いて行きたいと願っています。

◆ 併催イベント

能登上布・織りの実演


能登上布の織子さんが工芸館で毎日、織りの実演を行います。能登上布に関するお客 様の様々な質問にもお答えします。
日時:
6月2日(土)ー2012年6月28日(木) 
土曜を除く毎日: 10:00-12:00/13:00-17:00
土曜日: 13:00-17:00
場所:
工芸館1F

2012.06.26 Traditional Art & Craft of Ishikawa

虫愛づる姫の部屋 2012

会 期:
 2012年7月31日(火)- 9月2日(日)
展示室:
 2F 第3展示室
作品数:
 301匹


Textile Artist 彦根 愛さんの作品の中から、夏休みにふさわしく親子で楽しんでいただけるよう、昆虫を主役に抜擢した企画展です。
手描きの絵・展開図・写真を合成してPCで作図し、それをもとにして工場で織った後、ヒートカットして表裏をつけ、立体感が出るようにそれぞれの部品を縫っていく・・・このような数々の過程を経て生まれた301匹のジャガード織りの虫たちは、本物の虫がその美しさで私たちの目をくぎ付けにするのと同じように、見る者の目を奪います。

「テキスタイルではこんなこともできるんだ」という体験を通して、子供たちにはぜひいろいろなことに挑戦してもらいたいと思います。この企画展がそんなきっかけになったらいいなという思いを込めた企画展です。どうかゆっくりと虫たちとの出会いをお楽しみ下さい。

p1020438-540.jpg

<作者からのメッセージ >
虫は好きですか?
小さい頃に団子虫を箱に集めたり、蝶々の卵を虫かごで飼ったりしませんでしたか?
よく見ると、綺麗な柄や七色に光る羽を持っている素敵な虫たちを、沢山布で作って百花のごとくちりばめてみました。301匹の虫たちが舞い遊ぶさまをどうぞお楽しみください。

<彦根 愛さんプロフィール >
1972年    
 東京都生まれ
1992年    
 女子美術短期大学 テキスタイル科卒業
1993年    
 女子美術短期大学 専攻科卒業
1993年-1996年
 鐘紡にてクリスチャンディオールのデザインを手がける
1997年-1998年
 イタリア・フィレンツェ留学
2000年    
 イタリア・フィレンツェ留学
現在、女子美術大学および女子美術短期大学 非常勤講師


○作家歴
1997年より2011年まで 日本クラフト展
1997年 高岡クラフト展 奨励賞受賞
1998年 高岡クラフト展入選
1998年より2011年まで 現代工芸美術展入選9回
1998年 ジャパンテキスタイルコンベンション入選 01新人賞受賞
1999年 新匠工芸会展入選
2000年 ドイツTALENTE I.H.M2000 クラフト協会推薦出品
2002年 裂き織り展入選
2004年 全国裂織展入選、審査員賞受賞
     Interweave Press WHAT'S HOT CONTEST BEST OF SPINING賞(USA)
2005年 Interweave Press PONCHOCONTEST MOST ORIGINL DESIGN賞(USA)
2006年 Interweave Press Towel Contest Most Futuristic賞(USA)
2008年 日本ジュエリーアート展 大賞受賞


個展・グループ展など、国内外での展覧会を多数行っている。
また、グラフ社(日本)、アシュフォード社(ニュージーランド)、Interweave Press社(アメリカ)などの出版社から著作が出版されている。

◆ 併催イベント

彦根 愛さんワークショップ「縫わない袋、つくりましょう!」

段ボール板で簡単手織り。シームレス(縫い目のない)のバッグを作ろう。え?少し は針を使うんじゃないかって?いーえ。ほんの少しも使いません。

日 時:
8月21日(火) ワークショップは午前・午後の2回です。
午前のワークショップ 10:00-12:00
午後のワークショップ 14:00-16:00
場 所:
工芸館1F
講 師:
彦根 愛さん
定 員:
10名(小学3年生以下の方は大人の方と一緒にご参加下さい)
料 金:
¥1500(材料費)
予 約:
8月18日(土)までに工芸館へメールか電話にてお申し込み下さい。
定員になり次第締め切らせて頂きます。また、午前・午後をご指定下さい。
(TEL: 076-262-2020、メール: info@ishikawa-densankan.jp)


fukuro.jpg
完成品のイメージです。大きさや色はお好みに合わせてかえることができます。

2012.07.20 Traditional Art & Craft of Ishikawa

ファイト!うるし!

会 期:
 2012年6月30日(土)- 7月30日(月)最終日は15:00まで
展示室:
 1F エントランスホール展示スペース、2F 第4展示室
作品数:
 約150点


日常生活から乖離した感のあるうるし製品を再び日常に取り戻す為の試みとして「フ ァイト!うるし!」を企画しました。日常生活で、消費者が使ってみたいと思える商 品(作品)、漆の新たな可能性を示す商品(作品)を紹介する事で、消費者の漆製品に 対する固定観念を覆したいと思ったからです。そのような意図で本企画展への参加を 呼びかけたところ、全国10産地の参加を得ることが出来ました。
urusi.jpg
木の樹液である漆は、酸やアルカリに強く、防水性、耐水性、防虫性、防腐性、抗菌 性、防錆性を持ち、電気の遮断性にも優れており、接着剤としても使われています。 残念ながら、このような特性が一般的に認知されているとは言えず、作り手サイドの 効果的な情報発信が待たれるところではあります。

企画意図にあったアイテムが展示されているかどうかの判断はご覧になる方々に委ね るとして、展示品が「うるし」の現状を如実に反映しているという点にご留意頂き、 それぞれのアイテムを見て頂ければと思います。

<企画展紹介>
全国10産地の作品を1Fと2Fに分けて展示します。作品の展示だけではなく、 それぞれの産地紹介と今回の展示作品についてどこが新しい試みなのかを紹介し ています。

 1F: 越前漆器、金沢漆器、鎌倉彫、川連漆器、高岡漆器
 2F: 会津塗、木曽漆器、京漆器、山中漆器、輪島塗


<出展>(あいうえお順)
  1. 会津塗(福島県) : 会津漆器協同組合
  2. 越前漆器(福井県): 越前漆器協同組合
  3. 金沢漆器(石川県): 金沢漆器商工業協同組合
  4. 鎌倉彫(神奈川県) :  伝統鎌倉彫事業協同組合
  5. 川連漆器(秋田県): 川連漆器伝統工芸士会
  6. 木曽漆器(長野県): 木曽漆器工業協同組合
  7. 京漆器(京都府) : 京都漆器青年会
  8. 高岡漆器(富山県): 伝統工芸高岡漆器協同組合
  9. 山中漆器(石川県): 山中漆器伝統工芸士会
  10. 輪島塗(石川県) : 輪島漆器伝統工芸士会


2012.07.26 Traditional Art & Craft of Ishikawa