ホーム > プログラム > ニュース

2011年

「雨にも負けず、ひたむきに和紙工芸 −表具師・山本幸巨の世界−」展

会 期:
2011年10月1日(土)−2011年11月30日(水)最終日は15:00まで
(好評につき会期を延長させて頂きました)
展示室:
1F エントランスホール展示室スペース、2F 第4展示室
作品数:
42点


独特の技法で制作される屏風、「今」を感じさせる軸装、山本さんの作品は表具を志す若い職人さんにとって良い刺激・手本となるとともに、一般の方々には、和室のない家に置いても違和感のない作品を見て頂きたいと思います。

表具師の本流である軸装と屏風を中心に見て頂きますが、遊び心いっぱいの和紙作品も紹介します。伝統に学びながら、それを現代の生活の中でいかに実現させていくかを突き詰めていく姿勢、常に新しい挑戦をしようとする姿勢をぜひ見て頂きたいと思います。

< 山本幸巨さんからのメッセージ >

表具師修行を、とりわけ厳しい京都の店で終え、金沢で家業を継ぎましたが、金もなく、技術も無く、仕事もない私には更なる厳しさが襲って参りました。40歳になった頃、職人の世界には見られない素晴らしい考えの工芸界の人達に巡り逢い、日々の勉強と努力をしている姿を目の当たりにし、今まで何をしていたのかと背筋が凍る思いに駆られました。その日から表具の勉強を中心に、日々勉強の事、日々努力のこと、時間を費す事、報われないこと、見返りを求めないこと、人に馬鹿にされる様なこと、儲からないこと、休まない事、行なうと人が避けて通ることを書き出して、寝室の天上に張り、其の紙を見ながら寝むりについていました。

心を無にし「与えて求めず」を躯に刻み込み、ひたむきに仕事をさせて貰っています。 今回は、表具師の本流であります軸装と屏風を中心に、時々息抜きに作った作品を展 示させて頂きました。ご覧戴けますと幸いです。

<山本幸巨さん・「名物裂を使った楊枝入れ制作」ワークショップ >

名物裂を使って楊枝入れを作るワークショップです。名物裂とは鎌倉時代から江戸時代 にかけて主に中国から日本に伝わってきた最高級の織物で、これらの裂は宝物のように され、大茶人千利休や小堀遠州の名前や、文様からの名前が一品ずつに付けられ、今に 伝えられてきたものです。山本幸巨さんの丁寧な指導で、自分だけの一品を作っみまし ょう!

日時:
10月16日(日)  13:00−15:00
場所:
工芸館1F
講師:
山本幸巨 さん
参加:
¥500(金属楊枝込みの材料費)
予約:
必要ありません。直接工芸館へお越し下さい。


<山本幸巨さんプロフィール >

1946
石川県金沢市生まれ
1971
まで京都・皐月表玄に於いて修行
1969
京都表展・京都表装文化協会会長賞受賞
1977
第20回石川県表展・石川県技能検定協会会長賞受賞
1981
第21回石川県表展・輪島市議会議長賞受賞 第21回石川県表展・北國新聞社長賞受賞
1982
労働大臣認定1級技能士認定
1983
金沢市創作工芸展・金沢市工芸協会会長賞受賞
1984
金沢市工芸展・金沢市工芸協会奨励賞受賞
1985
第22回石川県表展・県中小企業団体中央会会長賞受賞
1988
金沢市工芸展・石川県伝産振協会長賞受賞
1989
第23回石川県表展・北陸放送社長賞受賞
1993
第24回石川県表展・石川県議会議長賞受賞
同石川県知事賞受賞
日本伝統工芸七部会展初入選
日本伝統工芸展初入賞
1994
日本伝統工芸七部会展・朝日新聞社社長賞受賞
1995
金沢市工芸展・金沢市市長奨励賞受賞
1996
日本工芸会 正会員認定
1997
第25回石川県表展・石川県知事賞受賞
1998
金沢市工芸展・金沢市市長奨励賞受賞
1999
名古屋三越本店特選画廊に於いて個展開催
2001
第26回石川県表展・七尾市長賞受賞
同石川県知事賞受賞
2002
金沢市工芸展・金沢市工芸協会会長賞受賞
2005
金沢市伝統的建築物保存修復士認定
2006
第27回石川県表展・かほく市長賞受賞
金沢市伝統産業貢献者表彰
石川県伝統産業功労賞表彰
2011
第28回石川県表展・小松市市長賞受賞
第58回日本伝統工芸展入選

hyo-so2.jpg

<修復>

・正行寺襖絵修復 (国指定重文)
・古川邸障壁画修復 (県指定重文)
・浄土寺障壁画修復 (国宝)
・平等院鳳凰堂剥落止 (国指定重文)
・三千院軸装修復
・その他多数の修復を手がける

2011.09.20 Traditional Art & Craft of Ishikawa

「伝愛戦隊メデルンジャー いまどきの伝統工芸 -机上のしつらえ-」展

会 期:
2011年11月2日(水)- 11月30日(水)最終日は15:00まで
展示室:
2F 第3展示室
作品数:
約220 点


「石川県の伝統工芸を愛でる会・伝愛戦隊メデルンジャー」の隊員による「伝統工芸 x IT」をテーマにした作品をご覧頂きます。いずれの隊員も熱い思いを持ち、それぞれの武器(技)で、伝統工芸に立ちはだかる「敵」と日々戦っています。隊員のパワーアップには使い手との「合体」が必要です! ぜひ工芸館へお越しいただき、皆さんの力をお貸し下さい。

<コンセプト>

インターネットやメール、ツイッターやフェイスブック・・・次々と新しいものが登場し、進化していくデジタルの世界。一方で、長い年月をかけて培った技術や経験を継いできた伝統工芸。この二つは両極にあって、互いに相いれない感もあります。
しかし、ここ伝統工芸王国いしかわには、2つが自然と融合した「伝統工芸 x IT」があります。プラスチックなどで機能性を追及した無機質な空間から伝統工芸を活かした「伝統工芸 x IT」で感性を楽しむ空間を提案します。

<参加隊員>

・砂崎 友宏(ミドレンジャー・ECOで商品開発)
伝統工芸分野にITを持ち込むプロデューサです。石川の伝統工芸を海外に発信する取 り組みも積極的に行っています。

・山谷 尚敏(アカレンジャー・いつまでも親分)
どんなものにでも漆を塗る職人さんです。変わり塗りというひとつひとつ柄が違う塗り 方ができることが特徴です。漆を何層も塗り重ねて層を彫り、美しい模様を作り出す漆 芸の技法・堆漆(ついしつ)の作品を作っています。

・岡田 禎介(キレンジャー・人が良い)
伝統を守りながら現代の生活模様に合ったインテリアや雑貨などと漆ティストを組合わ せた商品を製作していきたいと思ってます。

・北野 啓太(アオレンジャー・クールな分析)
特に九谷焼独特の盛絵の具を用いた物を得意とし、数十年にわたり独自で和絵の具を開 発してきた、深く透明感のあるオリジナルの色調を用いて創作して、生活空間と調和し たものづくりに励んでいます。

・引持 玉緒(モモレンジャー・ムードメーカー)
独自の「練乾漆」で 何でも漆で作る事ができます。麻布に漆を塗り重ねて作る「練乾 漆」は海外でも歪まず安心して使える丈夫で扱いやすい漆器です。楽しい漆の作品を通 して漆を身近に感じて頂きたいと思います。

・久恒 俊治(ムラサキレンジャー・おだやかダンディ)
和の文化から生み出された、友禅模様の活用方法を模索しています。着物生地以外の素 材(木、金箔、化学繊維等)にも手描き友禅模様を描き、新たなる活用方法の思業合一 を図りながらの、物造りをしています。

・木戸口 智一(ゴールドレンジャー・ファッション分野担当)
我々MAGICは金沢の中心部でアパレルのデザインの他、Tシャツ・デニム(ジーンズ) の販売・加工をしています。その中でこれまでのノウハウを活用して地域資源である金 沢箔を用いるプリント技術を開発し、いわゆる24Kのプリントを可能としました。

・ 大島 太郎(クロレンジャー・広報担当)
日本一の轆轤の産地である山中で使い勝手だけでなく、グッドデザイン受賞12点などデ ザインにも優れた商品を世に送り出してきた工房です。よそいきではなく、気取らず普 段使いできる商品を作っています。(今回、大島隊員の作品展示はございません)

2011.11.01 Traditional Art & Craft of Ishikawa

「九谷・彩輝 」展

「商品魅力を探る」というコンセプトで制作された九谷作家の新作を一堂に紹介するグループ展で、24名の伝統工芸士が出品しています。伝統工芸士それぞれの特徴を生かした作品をお楽しみ下さい。

会 期:
2011年12月2日(金)- 2012年1月31日(火)
展示室:
2F 第4展示室
作品数:
約79 点


<九谷焼伝統工芸士会からのメッセージ >

伝統を誇る九谷焼は五彩色絵の加飾による彩り豊かな作行が特徴でありますが、そのことを重視するあまりややもすると技術偏重に陥り工芸品として現代の生活から遊離しがちですが、この度は暮らしに生きる工芸品になるよう心掛けました。
工芸本来の姿として生活の中に息づくものとして、修練された技術と今の作り手の感性で明るい彩りと「かたち」で暮らしの中で愛され親しまれ輝ける作品を目指しました。
ご高覧の程、よろしくお願い申し上げます。

<九谷焼 >

磁器肌に美しい上絵が特徴の九谷焼は、日本が誇る伝統工芸品の最たるものです。
その歴史をたどると、加賀百万石の支藩、大聖寺藩初代藩士前田利治公が領内、江沼郡 九谷村(現在の加賀市山中町)に優れた陶石を発見し、1655年(明暦元年)頃に窯を築かせたことが始まりとされ、以来350年が経過しています。
古九谷は当時の狩野派の影響を受け、絵画的に豊かで大胆な画材を力強い呉須の線で骨描きし、その上に青(緑)・黄・紫・紺青・赤の五彩の陶絵具をたっぷりと盛り上げ、焼き上げたもので、九谷焼の源流を成しています。その古九谷はわずか半世紀で忽然と消え、その後100年の間加賀では焼物の煙が途絶えてしまいました。
1806年(文化4年)、加賀藩では京都より陶工青木木米を招き、再び春日山(金沢卯辰山麓)で焼かれ、始まるのが再興九谷とよばれるものです。
その後、吉田屋(和絵具四彩塗り埋め手)、木米(赤を中心に五彩を使い中国風)、飯田屋(八郎手とも言われ赤絵細描)、庄三(彩色金襴手、九谷の技法をすべて加える)、永楽(赤ダミの上に金襴手)に古九谷を加えた6様式が興ってきます。
その時代に合わせて自在に文化を取り入れながら作り手の感性で一作り手一画風といわれるくらい多彩な九谷焼が現在も金沢・白山・能美・小松・加賀の各市を中心に連綿と作り続けられています。
伝統工芸品では心配されている後継者に関しても石川県立九谷焼技術研修所を核として確実に育って来ています。


<出品工芸士プロフィール(あいうえお順)>

浅蔵 五十吉
・日展評議員
・石川県九谷焼技術保存会会員
・金沢学院大学名誉教授
井出 幸子
・石川県陶芸協会 会員
・東京・大阪のデパートにて個展・グループ展開催
・日展、日本現代工芸展、現代美術展、伝統九谷焼工芸展 入選
打田 幸生
・日展入選 16回、日展会友
・現代美術展 最高賞受賞
・現代美術展 次賞受賞
・現代工芸 本会員
大兼政 道子
・伝統九谷焼工芸展 入選
・創造美術展 北華賞
澤田 郁美
・石川県立九谷焼技術研修所卒業
・第61回創造美術展入選 新人優秀賞受賞
・第31回石川県伝統産業技能奨励賞受賞
中田 明守
・日本クラフトデザイン協会 会員
・石川県陶芸協会 会員
・平成17年 伝統的工芸品産業功労者 経済産業大臣表彰
仲田 錦玉
・第49回日本伝統工芸展 「赤地点描鉢」入選
・第50回日本伝統工芸展 「高山譜八角陶筥」入選
・平成20年 アメリカ、ニューヨーク日本クラブにおいて個展を開催
長田 伸花
・石川県立九谷焼技術研修所卒業
・石川の伝統工芸展入選
・伝統九谷焼工芸展 入選
中村 重人
・文化勲章受章者 故浅蔵五十吉先生に師事
・日展入選 10回、日本伝統工芸展 入選2回
・第10回日本伝統工芸士会作品展 特賞受賞
・第35回全国伝統的工芸品公募展 経済産業省 製造産業局長賞受賞
中村 陶志人
・平成20年 第61回創造展 大賞受賞
・平成21年 第32回伝統九谷焼工芸展 優秀賞受賞
・平成21年 第50回石川の伝統工芸展 金沢市長賞受賞
西 善雄
・陶光会全国展 東京都知事賞受賞
・石川県伝統産業優秀技術者表彰
・小松市技能功労者表彰
福島 武山
・平成22~23年 日本伝統工芸士会作品展 審査員出品
・第58回 日本伝統工芸展入選
・伝統九谷焼工芸展 審査員出品
福田 良則
・平成21年 創造美術展 北華賞 受賞
・平成22年 日本伝統工芸士展 入選
・平成23年 創造美術展 東京都知事賞受賞
三浦 晃禎
・第12回 金沢城兼六園大茶会工芸作品公募展入選
・九谷焼伝統工芸士
・石川の伝統工芸展初出品初入選
南 惠子
・日本伝統工芸展 入選3回
・北國女流美術展 北國賞2回 佳作1回
・アールヌーボ革命の美グランプリ受賞
・知徳の扉アートラベル黄金賞金賞
松村 昌子
・日本工芸会 正会員
・一水会陶芸部会員
・一水会会員 優秀賞受賞
美山 冨
・日展会友 特撰受賞
・日本現代工芸本会員 会員賞受賞
・全国伝統工芸士展 入賞
宮本 直樹
・九谷焼伝統工芸士
・日本陶彫会会員
・第13会日本伝統工芸士会作品展 佳作賞受賞
宮吉 由美子
・九谷焼窯元「寿峰窯」の次女として生まれる。
・1981年 金沢美術工芸大学工芸デザイン陶磁器科 卒業
・1998年 伝統九谷焼工芸展 入選
谷敷 正人
・日本伝統工芸展 入選3回
・一水会展 入選
・伝統九谷焼工芸展 受賞
山口 義博
・1976年 日展初入選 以来18回入選
・2002年 現代美術展 最高賞受賞
・2008年 日本伝統工芸展入選
  ・一水会陶芸部初入選 以来3回入選
山田 義明
・創造美術会 代表
・日本工芸会 正会員
・九谷焼伝統工芸士
山近 祥
・登り窯研究グループ やまぼうし会会員
・九谷焼伝統工芸士
・伝統工芸士展 出品
山中 國盛
・日展会友
・日本現代工芸本会員
・九谷焼伝統工芸士


                     
「九谷焼に挑戦!」ワークショップ・シリーズ
 日時   内容   料金
(材料費)
 定員  講師 
 12月3日(土)   10:00-12:00 手びねり
(フリーカップ、マイどんぶり等)
 ¥2.000  10名 中田明守
日本クラフト協会会員
 12月17日(土)   10:00-12:00 上絵皿
(小皿、湯呑等)
 ¥2.000  10名 中田明守
日本クラフト協会会員
 1月14日(土)   10:00-12:00 手びねり
(フリーカップ、小動物等)
 ¥2.000  10名 宮本直樹
陶彫会会員
 1月21日(土)   10:00-12:00 上絵付
(フリーカップ、小動物等)
 ¥2.000  10名 打田幸生
日展会友
 1月29日(日)   10:00-12:00 染付
(小皿、湯呑等)
 ¥2.000  10名 宮吉由美子
窯元主工


メール又は電話でできるだけ事前に予約をお願い致します。
Eメール:mailto:info@ishikawa-densankan.jp    TEL:076-262-2020
作品の引渡し: 焼きあがった作品は、工芸館でのお引き渡し、又は着払いにてお届けとなります。

2011.12.02 Traditional Art & Craft of Ishikawa